NEWS
★超絶激プッシュ★ 9/6(水)リリース Gacharic Spin ガチャリック・スピン、メジャー4thシングル『ジェネレーションギャップ』♪


イベント抽選券 配布中!喜多村英梨 9/27 シングル「arcadia † paroniria」リリース記念 トーク&イベント(予定)


LOUD PARK 17出演アーティストCD高価買取アイテム65選!


SLAYERアナログ・レコード買取強化中!


CRADLE OF FILTH 日本盤CD各種 500円以上買取保証!


【ブルデス特集開催中】


8/1(火)~31(木)学割・学増キャンペーン開催!


【2017年6月15(木)~2017年8月31日(木)】ハード・ロック/ヘヴィ・メタル紙ジャケットCD高価買取リスト!!


♪♪♪ 買取のご案内 ♪♪♪


【KING OF 鋼鉄クーポン】国内盤新品商品をお買い上げで10%還元!


METALレコード・ライフのすすめ


ディスクユニオン公式クリーナー


サンプル

サンプル



Gacharic Spin / 絶対わかる!ガチャリックスピン超入門!!!
当店全力激プッシュ中!!!


【Gacharic Spin×diskunionコラボレーション第三弾!】
Gacharic Spin MEMORIAL渋公スマホケース<黄色>


【お客様の声】

友だち追加数

★新譜高価買取★

♪自宅で中古ショッピング♪

フリーペーパーPINHEAD
国内盤リリース情報
発売中!!!
●横関敦&小林信一 / ジェット地獄





ディスクユニオン特典:イベント参加券
詳細


発売中!!!
●BLOOD STAIN CHILD / TRI ODYSSEY





ディスクユニオン特典:CD-R(「gaia evolution」Shin Wada(From O4) Remix)+イベント参加券
詳細


発売中!!!
●NoGoD / Arlequin





ディスクユニオン特典:ブロマイド&CDサイン&握手会参加券+イベント抽選応募はがき
詳細


発売中
●VENOM INC. / AVE





ディスクユニオン特典:缶バッジ
詳細


8/15(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●アンラッキー・モルフェウス / LIVE 2017 DVD/CD





ディスクユニオン特典:DVD-R(ライブDVDのみ)
詳細


8/25(金)入荷予定
【ご予約承ります】
●THE HAUNTED / ストレングス・イン・ナンバーズ





ディスクユニオン特典:缶バッジ
詳細


8/29(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●CROWLEY / NOCTURNE





ディスクユニオン特典:80年代復刻ステッカー
詳細


8/31(木)入荷予定
【ご予約承ります】
●ARCH ENEMY / WILL TO POWER





ディスクユニオン特典:革製キーホルダー
詳細


9/5(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●Gacharic Spin ガチャリック・スピン / ジェネレーションギャップ





詳細


9/5(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●FUEL / 30s medication





ディスクユニオン特典:イベント参加券&DVD-R
詳細


9/15(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●エンシフェルム / トゥー・パス





ディスクユニオン特典:革製キーホルダー
詳細


9/19(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●NoGoD / proof





ディスクユニオン特典:イベント参加券
詳細


9/19(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●ノクターナル・ライツ / フェニックス





ディスクユニオン特典:革製キーホルダー
詳細


9/26(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●Octaviagrace / ポリヒドラ





ディスクユニオン特典:DVD-R&イベント参加券
詳細
チケット取扱情報
●ANCIENT MYTH×EARLY CROSS×TEMPERANCE 東名阪ツアー『Astraea Fete』

日時:2017年9月8日(金),9月9日(土),9月10日(日)
詳細


●CHAOS ASSAULT VOL.1

日時:2017年9月22日(金),9月23日(土)
詳細


●MARILLION Japan Tour 2017

日時:2017年10月 20日(金)/21日(土)
詳細


●ASAKUSA DEATHFEST 2017

日時:2017年10月27日(金)/28日(土)/29日(日)
詳細


●ART NATION LIBERATION TOUR 2017

日時:2017年11月9日(木)
詳細
[5974]  [5973]  [5972]  [5971]  [5970]  [5957]  [5967]  [5965]  [5968]  [5966]  [5964
新宿HEAVY METAL館スタッフが選ぶBEST OF 2013!!

一月も半ばを過ぎましたが、やはり2013年ベストを上げないことにはな!なんだかなー!
というわけで、2013年を振り返りメタル館スタッフの年間BEST3リストを作りました!好みの合うスタッフがいたら絡んでみたりニヤニヤしたりいろいろしてやってください!


******************************************************************
★伊東
1, VOIVOD / Target Earth
亡くなったPiggyの替わりにChewy(Daniel Mongrain)<G>が加入、そしてオリジナル・ベーシストのBlackyが復帰した通算13作目のアルバムです。誰もがPiggyの代わりなど居ないと思っていたでしょうが、'08年の初来日時に見せたDanielのプレイは本当に素晴らしかったですね。その複雑なコード進行から各エフェクトの音色まで正しくPiggyそのものであり感動を覚えた方も少なくないでしょう、今作で再びその感動が味わえます。そして、復帰したBlackyの一聴して彼と分かる個性的に歪んだベース・サウンド、D-BEATも飛び出すAwayのドラム、浮遊感漂うSnakeのVo、その全てが全盛期の在りし日の音を想わせながらも、同時にやはり時流や時代を超越した唯一無二の音だな、と思わされます。

2, SATAN / Life Sentence
不朽の名作1st「COURT IN THE ACT」と同じラインナップで制作された復活作、まず何よりBrian Ross<Vo>の健在ぶりに驚かされましたが、バックの演奏も素晴らしいです。決して懐古主義ではないながらも、シンプルな質感を大切にしたと思われるごまかしのきかない音質で、ある意味若干危うい、、もとい、、相変わらずスリリングな演奏で必殺のツイン・リードを繰り出しています。正攻法で期待に応えた力作、オススメです。


3, GORGUTS / Colored Sands
カナディアン・デス、一旦解散してましたが12年ぶりの新作です。Luc Lemay<G,Vo>以外のメンバーは一新されてますが、彼が居ればGORGUTSなのでしょう。初期の這いずるような屈折デス・メタル・サウンドも捨てがたいですが、後期のアバンギャルドな路線を経て、今作はかなり混沌としたエクスペリメンタルな要素が強まっています。昨今のYOUTUBE文化のおかげで手軽にLIVE映像なども見ることが出来るようになり、Luc Lemayのあの複雑な楽曲を弾きながら歌う様にも驚かされましたが、今作の他メンバーも今までのバンド遍歴を見ればわかる通り、演奏は超一級ですが特にex-Origin、John Longstreth<Dr>の正確無比なプレイは凄まじいですね。一貫して常に一筋縄では行かないデス・メタルをプレイし続けるLuc Lemayにはこのままその変態道を突き進んでもらいたいものです。

******************************************************************
★徳間
1, HEAVEN'S BASEMENT / Filthy Empire
惜しくも解散してしまった元ROADSTARのメンバーによるハードロック・バンドの1stフル。とは言え、元ROADSTARのメンバーは今やドラムのクリスだけですが。。で、肝心の音楽の方はROADSTARが往年のコテコテのロックンロールだとしたら、このバンドはオルタナティヴかつエネルギッシュで、キャッチーなロックンロール。それでいてモダンに成り過ぎてもいないので老若男女、誰でもとっつきやすく、純粋にかっこいいと思えるハードロック・アルバムだと思います。捨て曲なし、文句なしのロックンロールの名盤です。


2, THE WINERY DOGS / The Winery Dogs
リッチー・コッツェン、ビリー・シーン、マイク・ポートノイの最強ミュージシャン達による夢のパワートリオのデビュー作。個人的にこの3人の共演は数年前から熱望していたので、夢が正夢になったような気分です!この3人と言ったら、やはり「超・絶・技・巧」であり、本作でももちろんそれは炸裂していますが、何と言ってもLED ZEPPELINやGRAND FUNK等に通ずる古典的ブルーズ・ハードロックをベースとした楽曲と、年々渋みを増すリッチーのボーカルとの相性が素晴らしいと思える作品でした。この3人だからしか生み出せないサウンドは必聴です。


3, DIEMONDS / The Bad Pack
カナダ出身の紅一点ボーカルのフリーヤ・パンダを推す5人組ロックンロール・バンドの1stフル。近年、女性ボーカルのロックバンドは数多く存在していますが、ここまで全盛期のMOTLEY CRUEやGUNS N' ROSESを意識した嬢メタルは中々現れませんでした。パンダ嬢のボーカルは上手過ぎず下手過ぎず、そしてワイルドかつ挑発的な歌唱で、80年代テイストのあるサウンドと見事にマッチしており、まさに彼らのキャッチフレーズでもある「セクシー&ナスティ」な作品に仕上がっております。国内盤ボーナス・トラックにはGUNS N' ROSESの名曲「Nightrain」のカバーも収録。

******************************************************************
★石村
1, CHURCH OF MISERY / Thy Kingdom Scum
今や世界有数のドゥーム・メタルバンドとしての地位を確立しているCHURCH OF MISERYによる4thフル。Tatsu Mikamiの作曲センスは衰えることを知らず、本作でもBLACK SABBATHを根幹に据えながら、ドゥームメタルと60~70sのロックを咀嚼し独自に昇華させた高品質な楽曲が並びます。何よりもリフが素晴らしいです。Tim BogertとCarmine Appiceのコンビを彷彿とさせるMikami、Narita両氏による強靭なリズムセクションや、バンドコンセプトを如実に表現するHidekiの狂気すら感じさせる咆哮はただただ格好良いの一言に尽きます。新加入のギタリストKawabeもギターソロをはじめとしてセンスの良いプレイで楽曲に彩りを与えています。アルバムカバーに起用されているPeter Kurtenを歌った7曲目"Dusseldorf Monster"の中盤以降のジャムパートは彼らのミュージシャンシップを存分に堪能できる本作最大の聴き所。恒例のカバー曲はなんとギターレス編成のオルガンロックバンドQUATERMASSの"One Blind Mice"。去る12月28日に東高円寺二万電圧で行われた本作を掲げたツアーの凱旋公演も非常に素晴らしかったです。

2, HELL / Curse And Chapter
2011年の奇跡の復活作でシーンに大きな衝撃を与えたブリティッシュ・ヘヴィ・メタルバンドHELLによる2ndフル。前作が非常に素晴らしい内容だった為に本作への注目度は相当なものでしたが、その期待に添う傑作を再び届けてくれました。特にイントロである1曲目"Gehennae Incendiis"からスピード・メタルチューンである2曲目"The Age Of Nefarious"への流れは鳥肌モノの格好良さ。前作同様掴みは抜群です。キーボードによるアレンジが特徴的なイーヴィル且つシアトリカルなヘヴィ・メタルという音楽性に大きな変化はありませんが、前作以上に印象的で耳残りの良いメロディやパートが増えた印象です。新曲が6割、80年代当時の過去曲の再録が4割との事ですが、それらに何ら差は無く、改めてヘヴィ・メタルの時代を超えた普遍的な魅力というものを実感する次第であります。国内盤付属のボーナスDVDは彼らのシアトリカルなライヴ・パフォーマンスが存分に堪能できる必見の内容となっております。前作以上の愛聴盤になりそうです。

3, KATATONIA / Last Fair Day Gone Night
90年代前半にスウェーデンにて発生した叙情デス・メタル勢の一派として活動を始め、その後音楽的変遷を経ながらも今日まで活動を続けているKATATONIA。そんな彼らの活動20周年を記念して2011年にロンドンで行われたメモリアル・ライヴを記録した作品が2013年LP限定でリリースされました。タイトルから連想される通り、中期の名作"Last Fair Deal Gone Down"と2009年の傑作"Night Is the New Day"の収録曲を中心に、彼らの代表曲を散りばめたセットリスト。メランコリー、北欧出身のバンドならではの透明感溢れる美しいメロディ、幽玄なサウンドスケープ等彼らの世界観を十二分に堪能できる作品となっております。初期の名盤"Brave Murder Day"収録の"Brave"がそうですが、多少音楽性の異なる時期の楽曲がセットリストに含まれていても違和感無く聴けてしまうのは、バンドとしての軸がブレていないからに他なりません。また、"Last Fair Deal Gone Down"収録の楽曲に顕著ですが、新たなアレンジも施されており、Jonasの歌唱力をはじめとしてバンドの成熟を大いに感じる取ることもできます。2013年は本作以外にもKATATONIA関連の作品のリリースが相次ぎましたが、当然それらも要チェックです。

******************************************************************
★大山
1, AMARANTHE / The Nexus
スウェーデン出身、Dragonlandでも活躍するOlof Mörck率いるAMARANTHEの2nd。間違いなく2013年一番聴いたアルバム!ラウパでのアクトをきっかけにじわじわと自分の中でAMARANTHE熱が上がってきた所で待望の2ndでした。1stの中でCall Out My Nameが大好きで、私の音楽のルーツが浅倉大ちゃん系のデジタルピコピコサウンドなので、そのテイストに似た曲が盛りだくさんのこのアルバムは全曲捨て曲なしの一枚。メタルとPOPの融合がここまで美しくきまっている作品を私は知りません。スペイシーなデジタルサウンドの中にもメタルの激しさを感じられる曲を創れるOlofのソングライティング力には頭が上がりません。今では好きなギタリストの一人でもあります。昨年の来日公演にも行ったのですが、会場の一体感半端なかったです。フロントマンが3人というのもとても見応えがありました。普段メタルを聴かない友達にもおすすめしたいアーティストです。しかし残念な事にScream担当のAndyが昨年末脱退。新メンバーを連れての来日待ち遠しい!

2, GYZE / Fascinating Violence
当店でもお問い合わせの多かったアーティスト。Disarmonia MundiのEttore氏プロデュースの元、1stから圧倒的存在感を見せつけてくれました!1曲目ド頭からの衝撃力は半端なく、私は店頭演奏で流し始めた初日に速攻で買いました。今一番アツいメロデスバンド。キャッチーなメロ、泣きまくるギター、息もつかせぬ疾走力で最初から最後まで爆走します。アルバム一枚聴く時間がこんなに短いとは思わなかったです。メンバーがイケメンなのも◎!ちなみに1/22にGYZEの前身バンドSUICIDE HEAVEN時代のミニアルバムがリリースされるのでそちらも要チェック!ユニオンオリジナル特典はライブ映像です!

3, THOUSAND EYES / Bloody Empire
上のGYZEがモダンだとすれば、THOUSAND EYESは正統派メロデスでしょうか。これまた聴いた初日に即買いしたアルバムです。攻撃的で美しい…殺された後に優しく抱きしめられる様な感覚に陥ります。DOUGENさんの魂を振り絞るボーカルがたまりません。漢らしく全曲疾走系で攻めてるのもカッコいいですね。1stからこんなにクオリティ高くていいんでしょうか!?2ndもガッツリ期待しちゃいますよ?もうこれはジャパメタが〜とか国産が〜とか言ってる場合じゃないです!2/22にはGYZEとTHOUSAND EYESが一度に一緒に観れるライブもあるとの事なので楽しみです!

******************************************************************
★今井
1, ULVER / MESSE I.X-VI.X
幅広い音楽性を網羅するノルウェーの奇才集団ULVERのフル12作め。今作はTromsø Chamber Orchestraとコラボしたダークなポストクラシカル作品で、これがもうとんでもない怪物アルバム!これは住み慣れた我が家でも毎日通る道でもなつかしい故郷でも行ったことない場所でも深海でも宇宙でも異次元でも、聴き手の想像力に応じてなんにでも姿を変えるモンスターです。でもって非常に緊張感たっぷりかつ精神的ヘヴィな音世界なので、作業BGMや街歩きのお供なんかには向きません。やってみましたが、地に足がついてるのにゼロ・グラビティ状態になりました。意識ごっそり持ってかれるんでスマホ歩きレベルで危険危険。暗い劇場で2時間映画に没頭するように、おふとんにでも潜ってひたすら溺れるのが一番いいと思います。なにかしら新しい扉が開くと思います。人生観かわるかも。で、これ聴くとしばらくほかの音楽聴けなくなっちゃうんですよね…これにてULVERは好きなバンドから畏怖の対象へと昇格しました。ULVERこわい。

2, DARKTHRONE / The Underground Resistance
ノルウェーのブラックメタルデュオの15作め。聴く前にDARKTHRONEが正統メタル化してる!ときいたので、どうした!なにごと!と思っていましたが(一聴した印象は本当だわwwでしたが)、わりとしっくりくる自然な流れというかトンデモ方向転換ではなかったです。軸は全くブレていません。たしかにブラックメタル色は影をひそめ正統派寄りの音になっているものの、やはりクラスティーで地はまっくろくろすけィーで、この人たちの体に流れる血は普通の人とはちがうんだろうなーと思わせる凄味に満ちていますね!瘴気いっぱーつ!な貫禄の出来ばえ。収録曲が6曲のコンパクトにみえる作品ですが、最後の曲は13分を超える大作。でも夏休み並の猛スピードでカッ飛んでいきます。こんな早い13分ははじめてですよ。女子がこんな言葉遣いするもんじゃありませんというのは承知の上であえて言います。クッッッソかっこいいです!

3, NoGoD / V
日本の素敵なV系HR/HMバンドの5作め。まずはじめに懺悔します。冷暗所を好む性質なので普段この手のバンドはあまり聴かない人だったのです。あとほんとすみませんNoGoDをちゃんと聴くの今作が初です。が、これは相ー当ー聴き倒しました。メッセージ性の強い日本語の歌詞とキャッチーなメロディ、ヴォーカルをつとめる団長の白塗り芸…は関係ないかもしれないけど、その親しみやすくファニーな表の顔の下で繰り広げられる複雑な展開熱すぎる!分厚く絡み合う音の引力やっばい!なかでも変拍子を自在に操るドラマーKさんのタイトで力強いプレイが悶えるほどに好き好き大好き!おかげで音楽的視野が広がりました。ところで、NoGoDの曲はアニメとの親和性がかなり高いと思うんです。はやくタイアップ実現しないかなー!

あとはDEAFHEAVEN「Sunbather」もすばらしい!ウォール・デフヘヴンに囚われる快感!
メタル外では大阪のブルータルオーケストラVampilliaのシングル「Endless Summer」が聴く走馬灯、涙腺ビッグバン級の超名曲なのと、アイスランドの妖精Sigur Rós「Kveikur」がプリミティヴな力みなぎるヘヴィな傑作なので、メタラーにもおすすめしたく書き添えます。すこしでも気になった方は、ぜひ!

******************************************************************

以上であります。ご閲覧ありがとうございます!
2014年も、みなさまにすてきな音楽との出会いがありますように!
ブログ内検索
SHOP DATA

〒160-0022
新宿区新宿3-28-4
新宿三峰ビル5F
TEL:03-5363-9778

営業時間:11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

当店や新宿地区各店の地図

ディスクユニオン新宿地区/提携駐車場のご案内

お店のホームページ


メールお問い合わせ

メルマガご登録


通信販売のご案内


diskunion新宿
ヘヴィメタル買取センター

買取専用フリーダイヤル
TEL:0120-708-702
(携帯電話の方は03-3356-5975)

新宿へヴィメタル買取センターのご案内

買取のメールお問い合わせ

<提携駐車場のご案内>
詳しくはこちら↓をクリック
b7b373cd.gif


店舗在庫検索
2c72eba7.gif 
オンラインで店舗の在庫検索が可能になりました。
中古オンラインSHOP
 
中古商品を専用サイトでお買上げ頂けます!
メタルの品揃えも大充実!
twitter・Instagram
Instagram
↑twitter・Instagram始めました!!
最新情報をつぶやいていきます。フォローして下さい♪

他のハード・ロック/ヘヴィ・メタル専門店のブログ
★オーディオ取り扱い店BLOG
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
24 25 26
27 28 29 30 31

Template by Crow's nest