NEWS
【1/14(土) 】新宿合同廃盤セール新宿


【1/14(土)~1/23(月)】CD・DVD・Blu-ray(ブルーレイ)・音楽本買取20%UPキャンペーン!!


【12/3(土)~】鋼鉄カレンダー2016・プレゼント・キャンペーン!!!


【KING OF 鋼鉄クーポン】国内盤新品商品をお買い上げで10%還元!


ディスクユニオン新宿ヘヴィメタル館【限定】RARE RECORD WANT LIST!!!



【2016年10月22日~2017年1月31日まで】ハードロック/ヘヴィメタル・レコード高価買取アイテム・リスト!!!


2017年1月31(火)『デスメタル・ジャパン・トークショー』始動!!! @dues新宿 第一弾「初期デスメタル」


2017年2月3(金)『30名限定!「“ヘドバン的2016年のメタル・ハイライト”を33人で振り返る座談会的ヘドバン新年会』@dues新宿


METALレコード・ライフのすすめ


ディスクユニオン公式クリーナー


サンプル

サンプル



Gacharic Spin / 絶対わかる!ガチャリックスピン超入門!!!
当店全力激プッシュ中!!!


【Gacharic Spin×diskunionコラボレーション第三弾!】
Gacharic Spin MEMORIAL渋公スマホケース<黄色>販売!


【お客様の声】

友だち追加数

★新譜高価買取★

♪自宅で中古ショッピング♪

フリーペーパーPINHEAD
国内盤1月2月のリリース情報
2/22(水)発売
●Gacharic Spin『な・な・なんと7周年!!!!!!! TOUR FINAL』DVD






詳細


国内盤12月のリリース情報
好評発売中!
●ALHAMBRA / THE EARNEST TRILOGY





ディスクユニオン特典:
DVD-R
詳細


好評発売中!
●ALHAMBRA / FADISTA





ディスクユニオン特典:
DVD-R
詳細


好評発売中!
●TEARS OF TRAGEDY / STATICE





ディスクユニオン特典:
DVD-R
詳細


好評発売中!
●CYNTIA / URBAN NIGHT





ディスクユニオン特典:
DVD-R&イベント参加券
詳細


好評発売中!
●BLINDMAN / TO THE LIGHT





ディスクユニオン特典:
DVD-R
詳細


好評発売中!
●VEILED IN SCARLET / LAMENT





ディスクユニオン特典:
CD-R&イベント参加券
詳細
チケット取扱情報
●JOE SATRIANI Surfing to Shockwave Japan Tour 2017

日時:2017年2月8日(水)
詳細


●DYNAZTY単独公演

日時:2017年2月15日(水)
詳細


●BE THE WOLF THE RED WOLF STRIKES BACK JAPAN TOUR 2017

日時:2017年2月24日(金)
詳細


●GUS G. JAPAN TOUR 2017 - MELODIC POWER METAL NIGHT VOL.20-

日時:2017年3月22日(水)
詳細


●Y&T Midnight In Tokyo Tour 2017

日時:2017年3月18日(土)19日(日)
詳細


●Fair Warning - 25th Anniversary Twin Special Japan Tour 2017 -

日時:2017年4月22日(土)23日(日)
詳細
[4356]  [4355]  [4354]  [4353]  [4352]  [4351]  [4350]  [4349]  [4348]  [4346]  [4344
★DESECRAVITY1stアルバム・リリース!WILLOWTIPレーベル・テクニカル・デス特集開催いたします!

ここ日本から世界に誇れるブルータル&テクニカル・デス『DESECRAVITY』が、多数のテクニカル・デス・メタルを抱えるレーベル、『WILLOWTIP』より、1stアルバムをリリースしました!dece.jpg










ということでっ!!

2/5(日)~WILLOWTIPより良質なテクニカル・デスを、テクニカル馬鹿である私、梶原が厳選、テクニカル・デス特集開催いたします!

※前回入荷のテクニカル・スラッシュ/変態テクニカルモノも非常にアツいですので、合わせてぜひご覧ください!こちらの記事に色々ございます!⇒http://blog-shinjuku-metal.diskunion.net/Entry/4326/

今回の入荷・・・まずは目立ったところではこのような新譜があります。

●VALE OF PNATH / Prodigal Empire(2,100円)
vale.jpg★GORODにも肉薄する強力テクニカル・デス!
USテクニカル・デス'11年1stアルバム。ブラスト・ビート・メインで疾走感とブルータリティも充分ながら、そのリフにはメロディックさも強く渦巻いており、言ってみればあのテクニカル・デス、『GOROD』にも肉薄するテンション高くもメロディックさと疾走感の高さが光る非常に良質テクニカル・デス!リズム・チェンジや展開もきちんと練られており非常に聴き応えあります。LOST SOULなどを思わせる部分もありますが、あちらほどブルータリティは強くなく、DECREPIT BIRTH辺りと比べればあちらほどメロくは無いかな?といった印象。クサくなりすぎない程度にフックあるメロディックなリフ・メインで攻め立てるスタイルはやっぱりGORODが近いです。しかしながら、時にARCH ENEMYをも思わせる泣きを含んだメロディー・ラインのギター・ソロもかましてくれるので、メロディック・デスが好きな方にもオススメできる内容と言えます。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

そしてそれだけではなく、下記のような良質な旧譜もこのタイミングに合わせて多数入荷!ぜひ店頭にてご覧ください!

●ALARUM / Eventuality
ala.jpg★テクニカル・デスとフュージョンの華麗なる融合!
オーストラリアのテクニカル・デス'04年2nd。最新作3rdでは、VEKTORにも通じるようなテンションの高さと、フュージョン・タッチな演奏が時折絡む作風が印象的でしたが、この2ndはフュージョン的な要素が非常に色濃く出て折り、アグレッシヴなデス声と、スラッシーなビートなどはメタリックでありながら、ラリー・カールトンすら思わせるやたらとフュージョン・タッチなギター・ソロと、同じくフュージョン・タッチな浮遊感あるベースがとても印象的な作品。CYNIC辺りともまた違う、もっとフュージョン色の強いテクニカル・デス・サウンドが個性的と言える作品。DEATHにラリー・カールトンが加入したら・・・なんてしょうもないことを想像してみるとこんなサウンドになるかもね。なったら面白いな~、的な想像を掻き立ててくれるサウンドです。トライバルなリズムも時折挟んでおり、ホントにフュージョン色強いなコレは・・・面白い。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●AS EDEN BURNS / The Great Celestial Delusion
aseden.jpg★すでに解散!でも超高品質メロデス
USメロディック・デス・メタルの'08年リリース唯一のフル・アルバム!非常に高品質な泣きのメロディーと、アグレッシヴに疾走するリズムで、将来有望と思われていたであろうバンドですが、EPとこの1stをリリースしてあえなく解散・・・。テクニカルに弾きまくるバックのギター・リフにも、ギター・ソロにもそこかしこに強力な哀愁が発散されているタイトルで、リズム面のテクニカルさなどは初期のDARK TRANQUILLITYを思わせるところがありつつも、2バス連打も多くよりアグレッシヴ。スウィープ、フル・ピッキング、ツイン・リードととにかくギター好き、ギター大活躍メロデス好きにはたまらん内容となっております!う~ん、個人的には甘くなりすぎない非常に絶妙なバランスのメロデスで素晴らしいと思うのですが、解散が本当に惜しまれるバンドです…。今聴いても非常に高品質ですよ~!ヴォーカルは掠れててなんだかブラック・メタル系だな!

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●FLESHGOD APOCALYPSE / Oracles
flesh1.jpg★1stからすでにシンフォニックでブルータル!
昨年、新譜が国内盤でリリースされ、圧倒的ブルータリティの中に光るクラシカルなメロディーと、テクニカルな演奏、そして非常に大仰なシンフォニック・サウンドで大いに話題になったイタリアのシンフォニック・ブルータル・デスの'09年1stアルバム!すでにしてクラシカルなメロディーを大々的に導入したブルータル・デスという路線を確立しており、ピアノ曲もやっぱりあり。トレモロ・リフからしてすでにクラシカルな哀愁を放ちまくっており、でもヴォーカルはえげつないグロウル・スタイル。刻み&トレモロの邪悪なリフの合間に挟まれるテクニカルなギター・フレーズはテクニカル・デス好きのツボを突くだろうし、高速2バスに、高速ブラスト全開パートも盛りだくさんのドラムが放つブルータルさはブルデス好きも必聴!2ndを聴いて気に入った方はこちらも文句無しに必聴ですよ!しいて言うならシンフォニックさは2ndよりは控え目で、その分ブルータリティとテクニカリティがより際立っています。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●GIGAN / Quasi-Hallucinogenic Sonic Landscapes
gigan.jpg★いや、ドラマーがすげぇ。
USブルータル/テクニカル/カオティック・デス・メタルの'11年2nd。細かく動きまくるリフ連発のギターに、超高速の2バス&グラビティ・ブラストも駆使したテンション高いブルータル・サウンドながら、そのリズムや展開の複雑さはカオティックでテクニカル。ドラマーの手数/足数の多さなどは完全に変態レベルです。しかしながら、曲の中で繰り返し登場するフレーズがいくらか存在するなど、リフはきちんと練られており、ここまで複雑でありながらも決して散漫な印象は受けさせない充実の仕上がりです。超絶テクニカル系/ブルータル系好きな方には文句なしにオススメ。

<新宿へヴィ・メタル館 梶原>

●GOROD / Process Of A New Decline
gorod3r.jpg★ギター弾きまくりテクニカル・デス名盤!
フランスのテクニカル・デス・メタル『GORGASM』が改名し『GOROD』となってからの3作目!音質はとにかくクリアで、リズム隊のプレイはジャズ/フュージョンに通じるような繊細さもあり。爆走ブラストパートも高速ツービートも多いですが、変拍子もかなり多く、緩急自在な展開とあいまってリズム面は相当に複雑。しかしそれをさらりと聴かせてしまうフックあるリフの数々が凄い!また、複雑な構成をしつつも繰り返し登場するリフがあるところも聴き易さを加えている要素といえます。他にもちょっと宇宙的な雰囲気を醸しだすところもあり。そしてとにかくギターの弾きまくり度がとてつもなく、メロディアスなギター・フレーズで聴かせる部分も結構あります。特に1曲目なんて終始ギター・ソロ弾いているんじゃないか?っていうくらいに弾きまくりです。もちろん刻みリフもあるのですが、その刻みもよく動くメロディアスなフレーズだし、随所に速弾きをぶち込んでくる凄まじさ!とにかくギターが曲をぐいぐい引っ張っていきます。テクニカル・デス好きはもちろん、ギター好きな方も思わずニンマリなタイトルです。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●GOROD / Leading Vision
gorod2.jpg★2ndもいい!
フランスのギター大活躍テクニカル・デス'06年2nd。やっぱりこのバンドのいいなあと思うところは、ピロピロ・テクニカル・ギター・フレーズもカッコいいけれども、刻み系でもきちんとインパクトあるリフを残してくれているところです。随所に登場するテクニカルなギター・フレーズ、そこに絡んできながらも独自のラインを演出するベース、緩急強烈なリズムにも動じないドラムとやっぱりテクニカル・デスの神髄を伝えてくれる非常に良質なバンドです!DEATHとも違うし、ギターがピロピロしているだけのピロデスとも違った確固たる個性を確立できているバンドといっていいのではないでしょうか?やはりたまらんなGOROD。ヴォーカルは低、高音のデス声を使い分けるタイプでそれもまた熱いです。3rdの方が疾走感はあるかな?といった印象。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●GOROD / Neurotripsicks
gorod1.jpg★1stも存分にテクニカル!
フランス・ギター大活躍テクニカル・デス'05年1st。後年の作品と比較してもなんら劣ることのない、激烈テクニカル・ギターはすでに大活躍。ヴォーカルは後年よりもガテラルな要素が強い印象で邪悪。展開は緩急ついていますが、リズム面は若干ストレートな部分も多いかなといった印象。刻み系のリフもかっこよく仕上がっていますが、やっぱりこのバンドの真骨頂といえる、メロディアスで流麗なギター・ソロがインパクト絶大!う~ん、やっぱり全体がいちいちカッコいいなこのバンド・・・。テクニカル・デス系でも本当にイチオシなバンドです。ギター好きはもちろん、他も存分にテクニカルなので広くテクニカル好きにオススメ。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●ILLOGICIST / The Insight Eye
illo.jpg★DEATH直系テクニカル・デス2nd!
あのテクニカル・デスであるDEATHのサウンドを正統に継承したかのようなハイクウォリティなサウンドの'11年3rdアルバムも素晴らしかった、イタリアン・テクニカル・デス'07年2nd。やはりこの頃からよくうねるベースに、チャック・シュルディナーを思わせる掠れ声のデス声、チャック直系の狂気的でありつつメロディアスさを感じさせるギター・ソロ、緩急交えた展開ながら疾走よりも変拍子を多数交えた複雑なリズム主体の、「HUMAN」以降のDEATHを思わせる路線となっております。3rdを聴いて気に入った方はもちろん、単にDEATHみたいなテクニカル・デスが好きな方、お探しの方はこのバンドを聴いてみてください!無駄にモダンになっておらず、90年代のテクニカル・デスを思わせるサウンドは実に好感を持てますよ~!

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●ODIOUS MORTEM / Cryptic Implosion
odi.jpg★DECREPIT BIRTHのメンバー関連!
よく分かんないけど「どか~ん!」なジャケがなんだかカッコいい、DECREPIT BIRTHのメンバー擁するテクニカル・ブルデス'07年2nd。年々メロディックさを強めていくDECREPIT BIRTHと比較すると、メロディックなギター・ソロはありつつも、高速2バス連打&ブラスト・ビート中心のこちらの方がずっとブルータル。しかしながら1stの頃のDECREPIT BIRTHよりはメロい要素が強いといったバランス。それにしてもスウィープ連発のギター・ソロは実にテクニカル。スピード感全開の中に適度にリズム・チェンジを交えた展開も聴き所。サウンドもクリアで音圧も充分。ギタリストのテクニカルさ、ドラムの壮絶さを思う存分堪能できる仕上がりです。ヴォーカルも綺麗さのカケラもないグロウルで素敵です。「ブルータルだけど、テクニカルなギターもあるとより嬉しいな」なんていう方にはオススメ。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●PUTRIDITY / Degenerating Anthropophagical Euphoria
★2put.jpg011年最強ブルデスとの評価もあり!
イタリア産ブルータルデス'11年2nd。イタリアの「INTERNAL SUFFERING」と呼ばれたり、2011年最高のブルデスとの評価もネット上に上がっているらしく、まさにそれに恥じないブルータリティ全開の内容。高速2バス連打をしながらの高速ブラストが非常に強烈なブルータルデス。ハーモニクスをキュイキュイ絡めながら、ギュボギュボ言う低音ギター・リフに、ガテラル全開な重低音ヴォーカルも汚くて素晴らしく、メロディックさ皆無のまさに真性のブルータル・デス好きにオススメな1枚。テクニカルさよりもストレートなブルータリティが際立つタイトルです。「確かに凄いんだけど、SLAUGHTERBOXみたいなのはちょっとね~」という硬派なブルータル・デス・ファンには本気でオススメです。余計な成分一切無しのブルータル一直線です。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●SPAWN OF POSSESSION / Noctambulant
spa.jpg★これまたギター大活躍テクニカル・デス!
スウェーデン産テクニカル・デス'06年2nd。このバンドも高速ブラスト・ビート主体ながらも随所にテクニカルなリズム展開が待ち受けているサウンドで、そしてギターの弾きまくり大活躍ぶりが強烈なバンド。やっぱりフランス産テクニカル・デス・メタル『GOROD』が好きな方にはオススメできるバンドで、ブルータルでありながらもメロディアスなギター・リフが満載された作風は激しくも聴きやすいといった特性を備えています。そしてブラスト・ビートに合わせて流麗に舞うギター・ソロがとてもカッコいい~。ギター好き、ギター大活躍テクニカル・デス好きは必聴!このメロディアスさはARSISにも近いと言えます。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●NECROPHAGIST / Onset Of Putrefaction
necro.jpg★テクニカル・ギター中心テクニカル・デス!
ジャーマン・テクニカル・デス'99年1st。まだちゃんとしたバンド形態になる前で、Muhammed Suiçmezが独りで制作した作品。ドラムこそ打ち込みであるものの、他は全部自らやってしまうというマルチぶりにまず驚愕。そして、スピーディかつ複雑な展開とリズムも凄まじいのですが、このバンドは何よりもシュラプネル系の如くテクニカルにピロピロしまくるギター・ソロがインパクト大。イントロから驚愕のテクニカル速弾きフレーズのご登場。近年増えてきているいわゆるギターがピロピロしたテクニカル・デス系「ピロデス」勢へも影響は大かと思われますが、それらのバンドよりも圧倒的に計算され、構築されている感の強いテクニカル・フレーズの連発に圧倒されます。そしてそれがきっちりとリフと化している辺りが素晴らしいセンス。当たり前のように流麗なスウィープをリフとして連発してしまうこの男。恐るべしです。テクニカル・デス好きにはもちろんのこと、テクニカル・ギター好きにもオススメな作品。流麗でメロディアスなギター・ソロもあります。リフはリフ、ソロはソロできちんとカラーを分けて弾いている辺りも凄い。1曲間でコレだけテクニカルなフレーズを連発して、ソロもよくそれだけ弾けるもんだととにかく感心。コレはヴォーカル抜かしてもそのままギター・インストとして成立してしまうと思います。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●TERMINAL FUNCTION / Measuring The Abstract
tf.jpg★変拍子満載でカッコいい!
スウェーデンのテクニカル・デス・メタル現時点唯一のアルバム!変拍子主体にテクニカルなリズム全開で攻め立てるタイプで、こりゃ~複雑だ!1回聴いただけじゃ覚えられんぞ~!っていう曲が好きな方にオススメ。そのクセなんだよこの無駄にキャッチーなクリーン・ヴォーカル・パートは!CYNICを思わせる透明感溢れる癒し(?)のパートもあります。複雑なリズムだけど、そこはアグレッシヴなパートの中にたま~に現れるオアシスのような存在。そして変拍子だらけの中流麗に舞いまくるギター・ソロもカッコいい~!この艶やかなギターのトーンがまたいいんです。MESHUGGAHはじめ、MESHUGGAHから影響を受けた、いわゆるジェントと最近言われるようなテクニカル・バンド達と比べるともっと有機的なものを感じさせるのがまた魅力。ただのテクニカル・デス系フォロワーには出せない本物の音なんじゃないでしょうか?いいバンドですよコレ。ブルータリティよりも変拍子連発系が好きな方、ドラマーが変態なの好きな方にオススメ。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●SEVERED SAVIOR / Servile Insurrection
seve.jpg★隠れた超絶テクニカル・ブルデス名バンド!
USの超絶テクニカル・ブルータル・デスによる'08年2nd!CRYPTOPSY直系ともいえる超絶テクニカルなブルータル・デスを聴かせてくれるバンドで、非常に複雑でスピーディな展開でありながらもフックあるリフ、リズムも満載された名盤!ほとんどの曲が3分前後というコンパクトさもCRYPTOPSYの3rd、4th辺りに通じるところで、あっという間にブルータルでテクニカルに駆け抜けます!昔ながらのデス・メタルらしい邪悪で汚い感触のトレモロから、高速速弾きフレーズをまで難なくリフにするギター、同じくギターに高速で絡んでくるベース、そしてさらに驚くのはフロ・モーニエやジョン・ロングストレス辺りにも比肩すると思われる超絶ドラマーの存在!リズムが完全に繋がって聴こえるFUNERIS NOCTURNUMのドラコを思わせるくらいに高速な2バス、圧倒的な手数、音圧充分の高速ブラスト(グラヴィティ・ブラストも少々あり)と、とにかく圧倒的テクニックを全編に亘りこれでもかと披露しております!突然数秒だけジャジィなパートに突入する謎な展開もありますが、基本は昔ながらのデス・メタルらしいメロディックさが希薄なテクニカル・ブルータル・デス・サウンド!マジで超高品質ですので、コレはテクニカル・ブルデス・ファン/ブルータル・デス・ファンは聴かなくては損です!

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>


他にもこのようなタイトルが入荷!

●BARING TEETH / Atrophy
barnin.jpgUSテクニカル・デス'11年作。不穏なリフのインスト・パート主体のテクニカル・デス。派手な技巧よりも複雑なリズムと不穏なリフで病んだ空間を演出するタイプ。言ってみればデス・メタル勢よりもDEATHSPELL OMEGAのようなテクニカルなリズムと不穏なリフで暗黒さを感じさせるバンドに近い音と言えます(ジャケもカオティックコアっぽいし)。変拍子込みの複雑なリズムと、高速のビートに執拗に絡みつく不協和音リフがとにかくインパクト大。テクニカルかつ不気味なサウンドが聴いてみたい方にオススメです。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●CROTCHDUSTER / Big Fat Box Of Shit
clot.jpg★最高クラスにどう説明したらいいか分からない変態バンド!
USアヴァンギャルド・デス・メタル'04年作。現時点唯一の作品。様々な要素を詰め込んだパートが切り替わるごった煮サウンド。変態好きは試す価値あり。DISHARMONIC ORCHESTRA、DIE APOKALYPTISCHEN REITERなどの変態バンドよりもサウンドの振り幅が広く、ポップスっぽいところ、スラッシュ・メタル(というかSLAYERじゃん)なところ、ワールド・ミュージック全開なところとガンガン場面が切り替わるなんともつかみ所のないところがスゴい。そこに時折ブラスト・ビート全開のグラインドコア、ブルデス的パートが挟まれるサウンド。間違いなくテクニカルなんだけれども、間違いなく何がしたいのか分からない変態サウンドです。ある種近いといえるのがFANTOMASかなあといったところ。コレらのサウンド、元ネタがあるんだか実際に演奏しているんだか、私には分かりません。もう一度言いますが、とにかく変態です。それだけは間違いない。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●CROWPATH / One With Filth
crow3.jpgスウェーデン産テクニカル・デス'08年3rd。







●CROWPATH / Son Of Sulphur
crow2.jpgスウェーデン産テクニカル・デス'05年2nd。






●CROWPATH / Red On Chrome
crow1.jpgスウェーデン産テクニカル・デス'04年1st。






●MALIGNANCY / Inhuman Grotesqueries
mali.jpgUSブルータル/テクニカル・デス'07年2nd。とんでもなく手数の多いドラムに、何を言っているのかさっぱり分からない強力なガテラル・ヴォーカル、ハーモニクス鳴らしすぎのテクニカル・リフ連発ギターに複雑な曲展開も物凄いブルータル&テクニカルなデス・メタルの模範とも言えるサウンドを提示していることでマニアから人気のバンド。CRYPTOPSY等が好きであれば間違いなくオススメのバンド。汚さ加減は初期のCRYPTOPSYに通じるものが強いです。BENEATH THE MASSACRE、BRAIN DRILL、SLAUGHTERBOXみたいにピロピロしたフレーズが比較的多いバンドは苦手だけれども、刻み系のリフ中心のテクニカル・ブルデスは大好きだなんていう方にはうってつけのバンド。SAVERED SAVIORと揃ってオススメ。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

●SICKENING HORROR / When Landscapes Bled Backwards
sicke.jpgNILEのGeorge Kollias在籍時の1st。比較的ストレートなブルータル・サウンドで、やっぱりインパクト絶大なのが、Georgeの超高速ブラスト&2バス連打のドラミング。NILE同様圧倒的なテンションで畳み掛けてきます。容赦なしのブルータル・デスが好きな方にオススメ。Georgeのドラミングが好きな方はぜひ。乾いたスネアの音も実に心地良いです。刻み系のリフを主体にしながらも時折ブラック・メタルっぽい不協和なアルペジオを挟んできたりするギターも聴き所ありです。

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>


ご来店お待ちしております!
ブログ内検索
SHOP DATA

〒160-0022
新宿区新宿3-28-4
新宿三峰ビル5F
TEL:03-5363-9778

営業時間:11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

当店や新宿地区各店の地図

ディスクユニオン新宿地区/提携駐車場のご案内

お店のホームページ


メールお問い合わせ

メルマガご登録


通信販売のご案内


diskunion新宿
ヘヴィメタル買取センター

買取専用フリーダイヤル
TEL:0120-708-702
(携帯電話の方は03-3356-5975)

新宿へヴィメタル買取センターのご案内

買取のメールお問い合わせ

<提携駐車場のご案内>
詳しくはこちら↓をクリック
b7b373cd.gif


店舗在庫検索
2c72eba7.gif 
オンラインで店舗の在庫検索が可能になりました。
中古オンラインSHOP
 
中古商品を専用サイトでお買上げ頂けます!
メタルの品揃えも大充実!
twitter・Instagram
Instagram
↑twitter・Instagram始めました!!
最新情報をつぶやいていきます。フォローして下さい♪

他のハード・ロック/ヘヴィ・メタル専門店のブログ
★オーディオ取り扱い店BLOG
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
8 14
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Template by Crow's nest