NEWS
【当選者発表】7/29(土)18:45開演 喜多村英梨 「DiVE to GiG - K - AiM」 :リリース記念  トーク&アコースティックミニライブイベント


【7/15(土)~7/24(月)】CD・DVD・Blu-ray(ブルーレイ)・音楽本買取20%UPキャンペーン!!


★HARD ROCK / HEAVY METAL アナログ・レコード 高価買取リスト★7月度のピック・アップ・アーティストはAC/DC!!


【2017年6月3日(土)~2017年7月31日(月)まで対象】ディスクユニオン・メタル・レコード買取強化スペシャル企画!


【2017年6月1日~2017年7月31日まで対象】メタル リリース1年以内 国内盤CD高価買取リスト


【2017年6月17日(土)~2017年7月31日(月)】ディスクユニオン・メタルCD買取強化スペシャル企画


【2017年6月15(木)~2017年8月31日(木)】ハード・ロック/ヘヴィ・メタル紙ジャケットCD高価買取リスト!!


♪♪♪ 買取のご案内 ♪♪♪


【KING OF 鋼鉄クーポン】国内盤新品商品をお買い上げで10%還元!


METALレコード・ライフのすすめ


ディスクユニオン公式クリーナー


サンプル

サンプル



Gacharic Spin / 絶対わかる!ガチャリックスピン超入門!!!
当店全力激プッシュ中!!!


【Gacharic Spin×diskunionコラボレーション第三弾!】
Gacharic Spin MEMORIAL渋公スマホケース<黄色>


【お客様の声】

友だち追加数

★新譜高価買取★

♪自宅で中古ショッピング♪

フリーペーパーPINHEAD
輸入盤リリース情報
エピック指数53万(担当スタッフ調べ)!!
●THE LIGHTBRINGER / Heptanity







詳細


当店大推薦
クラシック・ロック好き、ヴィンテージハードロック好き要チェック!!!USサンディエゴのギター・スリンガー70'Sハード楽曲のみで構成されたカヴァー・アルバム!!!!
●BRETT ELLIS / THE WARRIORS BEFORE ME







国内盤リリース情報
7/18(火)入荷予定
【発売中!!】
●DAIDA LAIDA / THIS IS DAIDA





ディスクユニオン特典:イベント参加券
詳細


7/21(金)入荷予定
【ご予約承ります】
●WINTERSUN / THE FOREST SEASONS





ディスクユニオン特典:クリアファイル
詳細


7/25(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●横関敦&小林信一 / ジェット地獄





ディスクユニオン特典:イベント参加券
詳細


7/25(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●BLOOD STAIN CHILD / TRI ODYSSEY





ディスクユニオン特典:CD-R(「gaia evolution」Shin Wada(From O4) Remix)+イベント参加券
詳細


7/25(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●NoGoD / Arlequin





ディスクユニオン特典:ブロマイド&CDサイン&握手会参加券+イベント抽選応募はがき
詳細


7/25(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●Rakshasa / 六道羅刹





ディスクユニオン特典:CD&サイン&イベント参加券
詳細


7/25(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●TERRA ROSA / TERRA ROSA LIVE FROM CODA





ディスクユニオン特典:革製キーホルダー
詳細


7/25(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●NO LIMITED SPIRAL / INTO THE MARINESNOW





ディスクユニオン特典:DVD-R
詳細


7/28(金)入荷予定
【ご予約承ります】
●ALICE COOPER / PARANOMAL





ディスクユニオン特典:缶バッジ
詳細


7/28(金)入荷予定
【ご予約承ります】
●RAGE / SEASONS OF THE BLACK





ディスクユニオン特典:缶バッジ
詳細


8/1(火)入荷予定
【ご予約承ります】
●MARTY FRIEDMAN / WALL OF SOUND





ディスクユニオン特典:缶バッジ
詳細


8/4(金)入荷予定
【ご予約承ります】
●ACCEPT / THE RISE OF CHAOS





ディスクユニオン特典:革キーホルダー
詳細


8/11(金)入荷予定
【ご予約承ります】
●VENOM INC. / AVE





ディスクユニオン特典:缶バッジ
詳細
チケット取扱情報
●ANCIENT MYTH×EARLY CROSS×TEMPERANCE 東名阪ツアー『Astraea Fete』

日時:2017年9月8日(金),9月9日(土),9月10日(日)
詳細


●MARILLION Japan Tour 2017

日時:2017年10月 20日(金)/21日(土)
詳細


●ASAKUSA DEATHFEST 2017

日時:2017年10月27日(金)/28日(土)/29日(日)
詳細


●ART NATION LIBERATION TOUR 2017

日時:2017年11月9日(木)
詳細
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

新宿HEAVY METAL館スタッフが選ぶBEST OF 2011!!

はやいもので、2011年度も終わりです。というわけで、新年度を迎えるまえに選んでおきたい2011年リリース作の推し盤リスト!マニアックな人、一本筋の通った人などなどいろいろです。なにかの参考になれば幸いです!

*********************************************************************
★伊東
"To The Death 84" Voivod
2302951f.jpegカナディアン・スラッシュ、84年1月のデモ音源がなんとALTERNATIVE TENTACLESより再発CD/LP化!VOIVODがALTERNATIVE TENTACLESからリリースという事自体がベスト1の最大の理由ですが、内容ももちろん最高なので。数ヶ月後に録音される1stアルバムの曲はもちろん、VOIVODの初期デモの醍醐味と言えばメタル・キッズ丸出しのカヴァー選曲。本作でも欧州2大サタニック・メタルのVENOM、MERCYFUL FATEの激熱いカヴァーを収録。プログレやジャーマン・ロックのストレンジ性を内包した変則的楽曲をドライブ感溢れるロックン・ロールに落とし込み、ハードコア・パンクの原始性で爆発させた正真正銘ヘヴィ・メタル。この感覚が分かればアナタの音楽生活が2倍も3倍も豊かになるか、、どうかは分かりません。

*********************************************************************
★梶原

1,"The Great Escape," Seventh Wonder
aaf8ea7e.jpeg輸入盤でのリリースは2010年の末だった気もしますが、記念すべき日本盤は2011年ということで…スウェーデンのテクニカル・メタル・バンドによる'10年発表4th!2nd、3rdのクウォリティの高さに、「なぜ国内盤が出ない!?」と思っていたのは私だけではないと思いますが、この4thも期待を裏切らないSEVENTH WODER節といえる一聴した感じとっつきやすいのかとっつきにくいのかよく分からないけど美しくて不思議な魅力に溢れたメロディと、各楽器の卓越したテクニックに、そればかりでないフレーズのセンスの良さが抜群に光っております!今回は特に③「The Angelmaker」のメロディーとドラマティックな展開にハマりっぱなしでした。2011年果たして何回聴いたか分かりませんよホント。バラード系の⑤ではゲストの女性ヴォーカルとトミー<Vo>による熱唱が素晴らしいし、⑦はやってくれました!30分の大作!場面変化に富んだ難解な曲で、買ってから数ヶ月、ようやくその曲構成を最近覚えてきた私ですが、コレ本当にメロディーの宝庫!とにかく数箇所にクライマックスが存在し、それを歌うヴォーカルがあまりにも!あまりにもっ!!エモーショナルすぎるのです!全テクニカル・メタラー聴き逃し厳禁の一枚!メロディアスなテクニカル・メタルが近年たくさん出てきていますが、このバンドのメロディー・センスはあまりにも別格です。こんなメロディー、そしてフレーズの数々は他のバンドでは聴けません。国内盤同時リリースされた3rdも甲乙付け難い名盤なのでセットでぜひ!

2,"Where Distant Spirits Remain," Falloch
7d4e6c86.jpeg今年の推しバンにはあえてこちらを挙げさせていただきましたが、やっぱりテクニカル・メタラーの私にはSEVENTH WONDERが一番のようです…。でもこっちも本当に素晴らしいんです。もうこのブログでもしつこいくらい取上げていますが、UKスコットランド出身のアトモスフェリック/シューゲイザー/ポスト・ブラック・メタルの'11年1stアルバム。ALCESTやFENにも通じる儚くも優しいシューゲ/ポスト・ブラック・サウンドですが、このバンドの最大の特徴は「非常にクリアーな声質のヴォーカルが、非常にメロディアスに歌い上げる」ところです!とくに④「Where We Believe」の中盤で聴けるアコギの美しさといったら最強です。その後、壮大に広がりゆくトレモロ・リフに、ブラック・メタル的ブラストで遥か彼方あちらの世界へ魂を連れ去ってくれます。今年聴いた中で最も美しかったのがこの作品。そして、この曲「Where We Believe」でした。次作は果たしてどうなるんだろう?コレより美しくされたらもはや死ぬしかないです(笑)。

3,"Sympathetic Resonance," Arch/Matheos
54178ebb.jpegFATES WARNINGのメイン・メンバー<G>Jim Matheosと、知る人ぞ知る初期ヴォーカリストJohn Archが組んだテクニカル・メタル・バンド。そしてドラマーがあのRIOTでは実力の半分も出していないと思われる実は変態超絶技巧の持ち主「Bobby Jarzombek」なのです!Johnってこんなに伸びやかでいい声してたっけ?なんて思わされつつ、その不思議なんだけど要所で叙情性を強く発散するメロディーが絶品なのです。そして、リズムがとにかく複雑!変拍子だらけで、さらにBobbyが手数足数MAXで叩きまくる!やっぱりBobby・・・あんたはスゲェよ・・・。RIOTでも充分凄いですが、さらなる本気のBobbyを知りたい方はこのバンドをぜひ聴いてみてください。曲も長めだし、実に聴き応えのある作品で大満足!

★梶原ベストは13位まであります。4位以降は「つづきはこちらクリックでご覧ください。

*********************************************************************
鈴木
1,"To Hell With God" Deicide

512a5a29.jpegフロリダ産重鎮デスメタルバンドの10thアルバム。
中期の辺りのスラッシーな色が戻り更にRALPH SANTOLLA(Gt)が弾き放題の傑作。
GLEN BENTON(Vo,Ba)のヴォーカルも中期の頃の歌い回しに戻りつつあります。


2,"Phoenix Amangst The Ashes" Hate Eternal
64a5835d.jpegデスメタル界の君主、ERIK RUTAN(Vo,Gt)率いるブルータルデスメタルバンドの5thアルバム。
あの名盤2nd、KING OF ALL KINGSを彷彿させる威厳と暴虐に溢れた強烈盤。



3,"Entity" Origin
b43323cb.jpegUSカンザスの超速ブルータルデスメタルバンドの5thアルバム。
演奏のタイトさ、スピード、ブルータリティ、テクニック、どれも一級品の1枚。





番外ベスト,"Holy Grail" Versailles
4c2a2742.jpeg薔薇の末裔達による3rdアルバム。今までのアルバムで一番好きです。
KAMIJO氏の歌詞も相変わらず神がかってます。





*********************************************************************
福田
1,"Magnificent" Magnificent

9.jpg文句なしに2011年最大級の極上メロディアス・ハード!!
ハイトーンを生かした絶妙な歌唱力と、テクニカル且つメロディアスなギターが見事にブレンドした傑作の1枚!!




2,"In Progress" Work Of Art
10.jpg極上AOR/メロディアス・ハードの2ND。
1STから劇的に進化し、完成度の高い楽曲のみ揃ったオススメの1枚。





3,"Balls Out" Steel Panther
11.jpg80’s LAメタル時代を駆け抜けた方には懐かしく感じる、現代版LAメタルバンドの2ND。





*********************************************************************
今井
1,"The Gigantic Hideout" Nuit Noire 

n.jpgフランス産、自称”Faerical Blasting Punk Band”というポンコツブラック4thフル。ハイパー脱力ボーカルと驚くほど重量感のないスカスカリズム、銭湯感あふれるボワワーン音質・・・聴いてるこっちの頭までフワッフワになりそうなサウンドなのですが、これが只者ではなく、BAUHAUS的な妖気と艶気、JOY DIVISION的な冷たい虚ろ、THE CURE的な無邪気さ、そして国産パンクにみられるような掴みどころのない「気い狂て」感に通じるものを持っているのです。どうにもこうにも好きなものばっかりで、思わず恋した一枚です。メタルとしては異質な存在かもしれませんが、ひとりでも多くの人に愛されるべきだと思うので、おすすめします。

2,"Celestial Lineage" Wolves In The Throne Room
w.jpgアトモスフェリックブラックの頂点、USの自然崇拝兄弟バンドの4thフル。神秘的なコーラス、幽体離脱を誘うアンビエントパート、フィールド録音された自然音による広大な空間の構築と、そこへなだれ込む暴虐ガナリヴォーカルとドラム、壮絶にドラマチックなトレモロ、これらが放たれるタイミングがえげつないほど完ぺき!浮世離れした昇天クオリティに涙腺は崩壊、何連コンボだ!というくらいツボというツボをタコ殴りされました。大傑作です!

3,"Horseback Battle Hammer" Conan
c.jpgUK産ウルトラヘヴィドゥームトリオのEP。音はどこまで低く重くなれるのか、限界に挑・・・んでるのかどうか分かりませんが、低く低くカスタマイズされた極上ブリブリ音を堪能できる一枚です。さらに緩急自在の展開、ファイト一発獰猛ヴォーカル、シャレオツアートワークと畳み掛けられ落ちないわけにはいきませんでした。まだみぬフルアルバムにかなり期待しています!


*********************************************************************

★テクニカル派必聴!ANIMALS AS LEADERS、SUICIDAL TENDENCIES、ex:MARS VOLTAのメンバーによる、注目のテクニカル・インスト・バンド!

●T.R.A.M. / Lingua Franca
1645b673.jpegex:THE MARS VOLTAのサックスなど担当Adrian Terrazas、超絶技巧メタル・フュージョン・インスト・バンドANIMALS AS LEADERSの超絶黒人ギタリストTosin AbasiとJavier Reyes、SUICIDAL TENDENCIESのドラマーEric Mooreらによる、テクニカル・フュージョン・インスト・バンド。

バンド名も要はメンバーの頭文字、Terrazas、Reyes、Abask、Mooreをとったもののようです。M.A.R.Sみたいな。

変拍子連発で畳み掛けるリズムに、アグレッシヴなサックス中心のサウンドは、メタル色こそ薄いものの、テクニカル・フュージョン系が好きな方に大いにアピールするサウンド!

ANIMAS AS LEADERSで圧倒的なセンスとテクニックを見せ付けてくれたTosinですが、ここではソロこそそこまで多く弾かないながら、バックでインパクトあるプレイを聴かせますし、ANIMALS~でも聴けた瞬間移動系のソロを聴ける曲もあり。今作でもあのコンピューターっぽい音色のギター・ソロが聴けます。ANIMALS~を聴いてあのギター・プレイが気に入った方はぜひ!

それにしてもこのサックス中心のサウンドは、KING CRIMSONはもちろん、テクニカル・フュージョン集団WEATHER REPORTをも思わせてくれます!

変拍子満載のテクニカルなところは当然カッコいいですが、サックスとクリーン・トーンのギター・コードによるドリーミーな曲も魅力的です。

そして、SUICIDAL TENDENCIESのEric Mooreによるジャズ/フュージョン的な手数多すぎる変拍子ドラムがまたまた非常にカッコいい!こんなプレイもできるんだなあと驚きました。

と、ここで音源紹介。Tosinのギター・ソロ炸裂!

次はドリーミーな前半から変拍子で畳み掛ける後半への展開が熱い


決してメタルという範囲内で語れる作品ではないですが、テクニカルという要素はそういった「メタルである、メタルでない」ということを軽く超越するものと私は信じて止みません。

テクニカルであればなんでも興味がある!という方には非常にオススメ!個性的なサウンドをお求めの方、ジャズロック系のプログレが好きな方にもオススメいたします!

強いて言うなら6曲入り30分弱というヴォリュームの少なさだけが欠点!でも内容はそれを跳ね返す強烈なインパクトを誇っております!

これはまたしてもテクニカル派必聴!といえるタイトルが登場ですよ~!
<新宿ヘヴィメタル館 梶原>
●CIRCLE OF OUROBORUS  / Eleven Fingers
91e3e3bf.jpeg★NUIT NOIREやJOYLESS好きな方に試して欲しいヘンテコ・ブラックの新たなるオススメ・アイテム!!

Antti Klemi<Vo>とVORDERやVERIVALAでも活動するAtvarによるフィンランドのヘンテコ・ブラック・メタルの8thアルバム。

タイトルからしてかなり気になりますが、ジャケ見ても指10本だよ?11本目はどこに・・・。

さてさて、なんでしょうねこの絶望感と脱力感の見事な混ざり合いは。まず強烈なのが、NUIT NOIREばりのお風呂録音的なサウンド・プロダクションのペラペラさ。そして、「人生完全に諦めてます。」的な倦怠感抜群のノーマル声歌唱、さらには発狂気味の絶叫が、篭った音の奥からどんよりと流れてきます。

カシャカシャポコポコ鳴る、迫力0のドラムもインパクト大ながら、やはり一番印象的なのは、極めて絶望的でありつつもアトモスフェリックでふわふわしたやたら耳を引くメロディーの数々。ある種XASTHURにも通じる部分がありますが、サウンドには尖ったところはなく、極めて丸っこい音。

NUIT NOIREみたいに「やる気が無いけどなんだか元気!」みたいな印象ではなく、「もう勝手にして」と、世の中捨てている感じはJOYLESSに通じる部分があります。

NUIT NOIREとJOYLESS、極めて個性的な両者に通じるところがありつつ、それらよりも絶望感が強くより陰鬱さが強い個性的サウンド。

バックから流れてくるメロディーがたまにカッコいいからなんだか腹立たしい(笑)。そういった部分は比較的初期の方のLIFE LOVERを思わせたりも。

「もう俺なんてほっといてよ・・・。」的なサウンドのクセに妙にメロディーでアピールしてくる辺りが妙に可愛らしく、本当は構って欲しいのかも。ヘンテコ・ブラック好きの方ぜひ構ってあげてください!これは面白いですぞ!

いかがでしょう?

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
 
●MinstreliX / TALES OF HISTORIA 
MI.jpg★近年稀に見る完璧なメロスピ!
日本の超絶ドラマティック・メロスピ・バンド待望の3rd!
1stで歌いその実力を広く知られつつ惜しくも脱退した、現代の日本メロパワ/メロスピ界を代表する実力派シンガーであるリオウ・フィガロが復帰してのフル・アルバム!

内容はもうこれ以上ない完璧なメロスピに仕上がっております!まずはテンポが程よい!近年、DRAGON FORCEの登場以降、その影響かとんでもない速度で疾走しまくるバンドがたくさん出てきておりますが、このアルバムではおそらくBPM150~180くらいが主体となっているであろうことが窺えます。

全編がほぼ疾走曲であるにも関らず、曲により異なる程よいテンポと、3拍子主体の疾走があったりというバリエーションの豊富さからから全く飽きないで全編聴きとおせます!

TAKAO氏の泣きを強烈に含んだメロディアスでテクニカルな速弾きギター・ソロに、それに負けないくらいのYUI氏のキーボード・ソロ。その組み合わせはもはやあのGALNERYUSのSYU<G>、YUHKI<Key>組にも負けないくらいのインパクトを発揮しております!

そして何よりもリオウ氏の歌唱!ドラマティックで起伏の激しいメロディーの数々を圧倒的に滑らかに、しかもエモーショナルに歌い上げるリオウ氏はやはり凄い!初期と比べ今のGALNERYUSには希薄になったファンタジックさ、クラシカルな優雅さを感じさせてくれるところも魅力的だし、時折聴かせるフォーキッシュさもこのバンドのいい個性になっております。

個人的には日本のメロパワ/メロスピというと、いいバンドはいてもあのGALNERYUSに並べるようなバンドは未だいないという印象でした(小野さんの加入でますます化け物になったし)。が、この作品はそれにも並ぶ実力があることを見事に証明してみせた作品であると思います!

今までの作品が好きなファンはもちろん必聴で、聴いたことの無い方もぜひ!

メロパワの中では間違いなく今年を象徴する一枚になるでしょうし、今後にも語り継がれる名盤となることでしょう!

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>

この日3月6日(火)は他にもアツいタイトル多数入荷です!

●SHEAR / Breaking The Stillness
0d574ed6.jpegこれはやられたわ~~~~!!

帯には「ゴス・ロック」と書いてあったり、ジャケから想像できるサウンドが「うん、ゴシック・メタルっていうか、聴きやすい女性ヴォーカル・シンフォものっぽいよね。」というイメージだったのですが、いやこれはその想像を遥かに凌駕するストロングなサウンドです!

まず驚くのが、CHASTAINで歌っていたレザー嬢や、WARLOCKのDORO嬢を思わせるほどのパワフルで男性顔負けな歌唱を聴かせるアレクサ嬢の声!時に男性ハイトーン・ヴォーカルかと思わせるようなハスキーなパワフルシャウトをかまし、時にソウルフルな女性らしいエモーショナルな歌唱を聴かせたり、硬軟自在の表現力を持った超強力ヴォーカリストです!

演奏面では単音のキーボードの音こそゴシカルなものを感じさせますが、それ以外はツイン・ギターで細かく刻まれるメタルコアばりにヘヴィなリフに、テクニカルでフレーズの構築具合も見事な速弾きギター・ソロ、ストレート過ぎず、過剰に複雑にならず適度にアクセントに捻りがあるプログレ・メタル的な要素も感じさせるリズム、細かく速い金物の刻みも多く聴かせる手数多めのドラム、ソロも聴かせるテクニカルなベースと聴き所満載!

コレはむしろゴス・ロックというよりも、パワフルな女性ヴォーカルを擁したモダンなメロディック・メタルと解釈するのが正解でしょう。レンジの広いヴォーカルの声に合わせた起伏のついたメランコリーかつ聴きやすい歌メロの充実具合も見事!

ジャケのイメージともギャップがあるし、実際に聴いてみて久しぶりに「やられた・・・」と思わされたサウンドでした。見事に聴く前の想像を裏切ってくれました!カッコいいです!
<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
 
★VAN HALENの新作がカッコいいのです!エディのギターも全く衰え無し!デイヴ時代のファンで二の足を踏まれている方もぜひ~~!

●VAN HALEN/A Different Kind Of Truth

ジャケット写真
★ついにデイヴ・リー・ロス復帰!
ライト・ハンド奏法を広めたことで知られる天才ギタリスト、エディ・ヴァンヘイレンらによるアメリカン・メタルの代表的バンド、初期のヴォーカリスト、デヴィッド・リー・ロスが復帰しての待望の新作をついにリリース!

どのようなサウンドになったのか気になるところですが・・・

まさにデイヴ在籍時彷彿のダイナミックでピュアなアメリカン・メタル・チューン目白押し!

変にヨーロピアンな湿り気や叙情を交えることなく、カラっとストレートな爽快な作風!エディもお得意のタッピングも交えたトリッキーかつテクニカルなギター・プレイ、ベースとのユニゾンプレイなどもあり、聴き応えも充分!漢くさいデイヴの歌唱も相変わらず。

ベーシストはエディの息子ですが、コレがまたいいグルーヴを生み出しておるのですよ~。この実力ならファンも納得でしょう!

要所に配置された強力なスピード・チューンも充実の仕上がりで、特に疾走感溢れる名曲「Hot For Tearture」を思わせる強靭な疾走曲「China Town」、「As Is」などは当時のファンも大興奮でしょう!

キーボードを使ったPOPなノリの曲もなく、年齢を感じさせない実に若々しくエネルギッシュで生々しいサウンドはデイヴ時代のファンも納得の仕上がりではないでしょうか?

エディのギターもリフにソロにさすがのセンスを発揮しております。やっぱり凄いですエディは・・・。バッキングまできちんと聴きごたえあり!衰えなど微塵も感じさせません!

デイヴ時代のファンで二の足を踏まれている方、コレはぜひとも聴いていただきたいです!

もちろんバンドをよく知らない新世代のメタラーにも聴いていただきたい!そして過去の作品に遡ってみてください!

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
●GREY HEAVEN FALL/Grey Heaven Fall
Grey Heaven Fall - ...Grey Heaven Fall★なんだこれ!?泣きすぎだろ!
ロシア産、Key.入りツインVo.メロディック・デス・メタル・バンドによる2011年リリース1stフル。

まさに日本人の琴線に触れると言っていい強烈な泣きを発散するメロディーの数々がとにかく物凄い!しかもギターはかなりテクニカルに弾き倒しつつ泣きを発散するという強烈さ。

疾走感のあるまさにクサ・メロディック・デスと言っていい曲がありつつ、疾走感よりもとにかく猛烈な悲しみに特化したフューネラル・ゴシックばりの泣きまくりチューンもあり。INSOMUNIUMを凌駕すると言ってもいいくらいのこの泣きっぷりは泣きメロ・ファン大注目の1枚と言っていいでしょう!

何回「泣き」というフレーズを使ったか分かりませんが、本当に「泣き」の名バンド。
近年でここまでテクニカルなギター・ソロ&泣き&疾走感もほどほどにあるなんていうレベルに到達していたバンドがどれだけいたでしょう?昨年はメロデス当たり年でしたが、そんな彼らも軽く一万光年の彼方に吹っ飛んでしまうくらいに強烈なインパクトを残してくれる有望バンドの登場です。

というわけで曲紹介!この曲は疾走感も強め。



この曲はフューネラル・ゴシックばりの泣きっぷり。


ギタリストなんてGALNERYUSのSYUか!?と思わせるくらいの泣かせぶり。スタイルこそ違えど通じるものがあるはず。キーボードが発散する悲しみも強烈すぎる・・・。

泣きメロ・ファンでなくても、この泣きっぷりの強烈さは分かるでしょう。あまりに圧倒的すぎるクウォリティの泣き・・・。末恐ろしいバンドが出てきたものです・・・。
<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
 
●DESECRAVITY / Implicit Obedience 
dece.jpg★日本から登場!超強力ブルータル・デス!

いや~~~~~、これは凄いバンドが日本から出てきてしまったものです!

日本は東京のブルータル・デス・メタル・バンドの'12年発表1stアルバム、テクニカル・デス系を多数抱えるWILLOWTIPレーベルよりついに世界規模でリリース!

迫力のガテラル・ヴォーカルしながら邪悪なトレモロ&テクニカルなフレーズ連発のギター・リフに、スウィープ連発も余裕のギター・ソロ、高速ギターと絡み合い時に壮絶なソロも決めるベース、日本でも最強クラスのスピードとテクニックを誇る超高速ブラスト・ドラム・・・そのどれもが圧倒的にブルータルでテクニカル!

更にミックス/マスタリングは元MORBID ANGEL、現HATE ETERNALのERIK RUTAN氏が担当!バンドは海外でも絶賛でRUTAN氏自ら「是非俺にやらせてくれ!」と惚れ込んだ程らしいです!サウンド的には非常に音圧もあってクリアに演奏が聴こえる仕上がりで、近年のHATE ETERNALなどを思わせるくらいに超ハイ・クウォリティなブルータル・デス!この綺麗すぎず、汚すぎずという絶妙なバランスの音!ブルータリティを損ねず、しかも演奏はハッキリ聴こえるというバランスは実に多くのファンにアピールできうる音作りと言えるのではないでしょうか?

文句無し!コレぞブルータル・デスの神髄をブルデス・ファンに伝える至高の逸品です!何も知らずに聴いたら普通に海外の有名バンドの新作か何かかと思ってしまうくらいに物凄くレベルの高い作品ですよ~!!嫌でもテンションが上がる1枚!

ブルデス・ファンはスルー厳禁!

<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
 
●FREDDE GREDDE / Thirteen Eight 
FREDDE.jpg★スウェーデンから現れた天才マルチ・プレイヤー!
スウェーデンの天才マルチ・テクニカル青年フレドリク・ラーションによるソロ・プロジェクトの1stアルバム。自らがドラム以外のパートを全てテクニカルに演奏する動画が話題を呼び、相当な再生回数を記録。本国スウェーデンはもちろん、それ以外でも話題になっている青年です。そのサウンドは、YESを思わせるテクニカルさや、FROSTなど近年のプログレッシヴ・ロックのようなメロディアスさを感じさせつつも、ハード・ロック、メタル寄りなヘヴィさもあるプログレ・ハード的な作風!変拍子満載ながら、近年のテクニカルモノらしい耳当たりの良いメロディーも満載されており、DREAM THEATER的な広がりのあるキーボードの音も印象的。時に見せるキーボード、ギターのスリリングな速弾きに、こだわりの曲展開は聴き応え充分だし、優しいメロディーが際立つ比較的シンプルめな曲も素晴らしい完成度。ラストは15分の長尺曲!

ここで音源紹介です。1曲目。ちょっと不思議だけど耳当たりのいいメロディーと、聴き応えあるリズムが素晴らしい曲。

特別ウマいものではないながら、優しい声質のヴォーカルも魅力的です。この青年、テクニカル派は要注目ですよ!<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
●AETHRA / Time And Eternity 
aethra_time-and-eternitys.jpg★メキシコから登場した良質メロディーのメロパワ!
ちょっとリリースから時間が経ってしまいましたが、やっぱりコレはオススメです。これまでに2枚のEPをリリースしているメキシコのメロディック・パワー・メタル/シンフォニック・メタル・バンド、待望の1stフル・アルバム。
疾走曲多いというわけでもないのに、その圧倒的なメロディーの良さからメロスパーの間でも話題になったというバンドです。

そのサウンドは、ブラジル勢やメキシコ勢に多い明るめなメロディーが映える爽快なメロパワ・サウンドです。ヴォーカルの声はex:ANGRAのAndre Matosから影響を受けていそうな、若干ヘニャい感じもしないでもないですが、優しい声質が魅力的なタイプ。硬軟起伏のついた歌唱が曲のドラマ性を引き立てていて絶品です。そのメロディーの良さは疾走、バラードいずれにも発揮されています。

例えばこの曲。爽やかなメロディーが素晴らしい疾走曲です。


お次はコレ。ANGRAにも通じる展開が魅力的なちょっとプログレッシヴな曲。


このような文句無しの疾走曲もあり。

メロディアス・ハードに近い清涼感のあるメロディーの数々が実に良質で、今後にも期待してしまうバンドです。<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
 
●EMBODIED / Embodied (2,000円)
emb.jpg★モダン・メロデスなサウンド。でもヴォーカルほぼ100%クリーン!
スウェーデンの、サウンドはモダン・メロデス。でもヴォーカルはほぼ100%クリーンなバンド!CDを再生して流れてくるのは、紛れも無いSOILWORK、SCAR SYMMETRY系のモダン・メロデス・サウンド。だがしかし、ヴォーカルがなんとほぼ100%クリーン声での歌唱なのです!しかもそのヴォーカルが激ウマ!安定感充分かつパワフルで伸びやかさもあり!言ってみれば、SOILWORKやSCAR SYMMETRYが、デス声使うのやめて全部クリーン・ヴォーカルにしたとしたならば・・・。そう考えるとこんなサウンドではないでしょうか?
この曲を聴けばお分かりいただけると思います。



とにかくヴォーカルの巧さに圧倒されます。

メロディアスなギター・ソロもメロデス的で、その手のサウンドが好きな方に大きくアピールするはず。意外といそうでいなかった面白いバンドです!<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
●SCREAMING SHADOWS / Night Keeper (2,300円)
7ea51308.jpeg★笑っちゃうくらいディッキンソン!そして超強力MAIDEN系サウンド!
イタリアのベテランが組んだ正統派/パワー・メタル。CROWN OF AUTUMN他のGianluigi Girardi<Vo>とex LABYRITN/ex VISION DIVINE/CROWN OF AUTUMNのMattia Stancioiu<Ds>が加入しての4thアルバム。ところがこれがどうしたことだ!?イタリア臭なんてゼロもゼロ!そのサウンドは笑っちゃうくらいにIRON MAIDEN直系の、ドラマティック・正統派メタル!何よりヴォーカルが・・・なんてこった、こりゃあまりにもブルース・ディッキンソンそっくりじゃないか!!歌いまわしも!声質も!

この曲をご試聴ください!


そして、近年のMAIDENがあまりにもプログレ寄りになってしまっているところ、このバンドはまさにSEVENTH SON~くらいの頃の、アップ・テンポで分かりやすくてドラマティックなMAIDENサウンドを継承しているのが魅力!継承も何もベテランですが・・・。とにかくコレは強力!疾走部分はもう少しメロパワ度ありますが、クサいツイン・リードも満載の限りなくドラマティックなMAIDEN系サウンドはかなりの衝撃を与えることでしょう。<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
PESTE NOIRE / L'Ordure A L'Etat Pu 
1b8938b2.jpeg★ファニーで邪悪でいびつで計算高い(きっと)、超・個性派フレンチブラックの4thフル!
、Iさんのレビューの1部をパクったところで・・・。そう、正にその通り!こいつら計算しているのかいないのか!?全く先の読めない展開が物凄い作品。これだけやるからにはテクニカルでもあるのでしょうけれども、同じ変態系の超絶技巧派『UNEXPECT』とも全く違う、ブラック・メタルを下地にした変態サウンドがこれ。今までもブラック・メタルの中では個性的な存在でしたが、今回はよりぶっとび具合が上昇。しかも大作主義になっております。

Tr.1から中間部のアコーディオンや管楽器が突如入る中世的なまったり3拍子への展開に驚愕。さらに鶏の鳴き声に思わず笑いが・・・。テクノ的な打ちこみドラムと邪悪なトレモロ・リフの重なりが奇妙な空間を創出する曲、ブラック・メタルらしい疾走とメロディック・ブラック的な泣かせるトレモロ・リフがある曲もあり。

そして特に20分の大作Tr.3が強烈極まりない名曲で、まず、なぜそこでカラス・・・?な鳴き声に唖然。途中に「この変態的な曲の中にそれは反則だろ!」と思わせる無駄に叙情的で泣かせるメロディーのギター・ソロが登場。ギター・ソロから不穏なリフ、妖艶な女性ヴォーカルへの繋ぎがあまりにも絶妙。ラストの哀愁全開かつその実非常に投げやりにも聴こえる「ラララ.ラララ.ラ!ラ~ラ!」というおっさん・コーラスがとても印象的。というわけで思わず紹介。

あまりにも名曲だコレは。

ふざけてるのか本気なのか全く分かりませんが、テクニカルなんだろうけどテクニカルさを感じさせずかつ、いわゆる「ごった煮サウンド」ではない真の変態サウンドが最大の魅力。聴いていて「なんだよこれ、お前ら何がしたいんだよ~!」って思わず興奮!わけ分からないのにクセになる、そんな中毒性抜群の強烈すぎる1枚。変態系が好きな方、個性派ブラックが好きな方、これは見逃し厳禁です。最高です。<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
 
●UNEXPECT / FABLES OF THE SLEEPLESS EMPIRE
UNEXPECT.jpg ★未だ知名度は低いが強烈な変態テクニカル・バンド!
 カナダのヴァイオリン奏者擁する男女Voアヴァンギャルド・ゴシック・メタル・バンドの'11年発表3rdアルバム。前作も相当なテクニカル・変態サウンドで衝撃的でしたが、今作もその変態度は変わらず。妖艶なソプラノ・ヴォイスに、邪悪なデス声を使用する女性ヴォーカル、スラッシーなリズムに怪しく響くシンフォニックなバッキング、スラッピングも交えて飛び跳ねるベース、インパクトある速弾きフレーズをかますギター・・・。

そもそもメンバーにヴァイオリン奏者がいて、そのストリングスの美メロと、破壊的なベース&ギターのテクニカル・プレイの絡みとか凄いです。ベースは9弦という変則っぷり。

この衝撃度は、あのTO-MERAにも迫るものと言っても差し支えないです。TO-MERAはもうちょっとJAZZの要素が強めな雰囲気ですが、こちらはどちらかというとクラシックか?突拍子も無い展開はTO-MERAに近くもあり、それでもまた一味違った超絶技巧&変態サウンド。随所に怪しいけどフックのあるメロディーもあって素晴らしい!テクニカル好き&変態好き必聴!オススメです!

しかしカナダっていうのは本当に変態というか変わり種なバンドがよく出てきますねぇ。

では恒例の音源紹介を。これ一曲聴けばこのバンドのなんたるかが分かると思います。


いかがでしょうか?非常に面白くてオススメです!

こちらは変態なだけでなく、美しいメロディーも満喫できます。

こりゃいかん!名作だ!
<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
 
●SLAUGHTERBOX / The Ubiquity Of Subjugation(2,520円)
untitled.jpgう~む、コレは物凄いバンドがいたものです。BRAINDRILLとほぼ同時期に輸入盤で入荷したときも話題にはなったといいますが、当店のブルデス大臣S氏いわく、BARIN DRILLが有名になってしまいこっちはスルーされていたそうな・・。しかしながら今聴くと「なんでコレがスルーされてしまったのか!?」と思ってしまうくらいの超強烈なサウンド!私が聴いた時は初めてBRAINDRILLを聴いた時くらいの衝撃を受けました!

まあ言ってみればそれくらいドカドカピロピロなサウンドなわけです。曲の尺も1分半~3分程度と短いものが多いですが、とにかく音の密度がハンパじゃない!8曲で19分程度ですが、それでもおなかいっぱいになりますよ!

そしてこのバンドの面白いところはそれだけ馬鹿なことやっておきながら、なぜかCYNICを思わせるような神秘的なサウンドを盛り込んだ展開をしたり、無駄に叙情性あるギターを突っ込んだりしてくるわけです。

うまいこと曲にフックを設けることに成功しているなあという印象。

ドラマーはそれはもうおかしいです。作品そのものを聴くと、「いや~、ここはさすがに打ち込みだろう?」っていうところはあります。でも生身でもこれはありえるな・・・っていうところがまさに異常。コレはもう聴いていただいた方が早いです。

ってわけで聴いてください!↓
Slaughterbox - Arrogance and The Loss of Human Dignity


とりあえずBRAINDRILL、PSYOPUS、MINDLY ROTTENとか好きであれば100%オススメです!
S氏のレビューの方が上手くまとまっていますので、ご覧下さい。

“久々の良質ブルータルアルバム登場です。
今年出たデスメタルで 一番速くイカレています。
 ベース無し、ギター2本とドラムヴォーカルという過去に類を見ない斬新な構成と高速ブラストを交え叩きながらの豚声ガテラル+絶叫ボイス。特に2バスは打ち込みと疑う速さ。ギターはBRAIN DRILLのようにスウィープ、タッピング主体ですが急展開な叙情的ツインリードが随時入りただただブルータルで終わらせない所は見事。ブルータルマニア必聴”                    
 
ブログ内検索
SHOP DATA

〒160-0022
新宿区新宿3-28-4
新宿三峰ビル5F
TEL:03-5363-9778

営業時間:11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

当店や新宿地区各店の地図

ディスクユニオン新宿地区/提携駐車場のご案内

お店のホームページ


メールお問い合わせ

メルマガご登録


通信販売のご案内


diskunion新宿
ヘヴィメタル買取センター

買取専用フリーダイヤル
TEL:0120-708-702
(携帯電話の方は03-3356-5975)

新宿へヴィメタル買取センターのご案内

買取のメールお問い合わせ

<提携駐車場のご案内>
詳しくはこちら↓をクリック
b7b373cd.gif


店舗在庫検索
2c72eba7.gif 
オンラインで店舗の在庫検索が可能になりました。
中古オンラインSHOP
 
中古商品を専用サイトでお買上げ頂けます!
メタルの品揃えも大充実!
twitter・Instagram
Instagram
↑twitter・Instagram始めました!!
最新情報をつぶやいていきます。フォローして下さい♪

他のハード・ロック/ヘヴィ・メタル専門店のブログ
★オーディオ取り扱い店BLOG
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2
23 25 26 27 28 29
30 31

Template by Crow's nest