NEWS
★オンライン中古METAL廃盤CD & レコード セール★


★通信販売 配送料のご案内★


★2018年9月末日まで■1987年リリース・アイテム アナログ・レコード高価買取リスト


★2018年9月30日まで■ KINGレコードMelodious Frontierシリーズ高価買取リスト★


★2018年8月31日まで■ ハードロック/ヘヴィメタル CD高価買取リスト★


★2018年9月30日まで■ NEXUS ROCK LEGEND ARCHIVE COLLECTION帯付CD 700円 買取保証キャンペーン★


★2018年9月30日まで■ メタル リリース1年以内CD高価買取リスト★


★2018年9月30日まで■ LAMB OF GOD 国内盤CD 買取保証キャンペーン★


♪♪♪ 買取のご案内 ♪♪♪


【KING OF 鋼鉄クーポン】国内盤新品商品をお買い上げで10%還元!


METALレコード・ライフのすすめ


ディスクユニオン公式クリーナー


サンプル

サンプル



【お客様の声】

友だち追加数

★新譜高価買取★

♪自宅で中古ショッピング♪

フリーペーパーPINHEAD
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9



THORIUM / BLASPHEMY AWAKES

初期スウェディッシュ・デスなスタイルで一部マニアからアツい指示を受けていた97年結成のデンマーク・デスメタル"THORIUM"による約10年ぶり4thアルバム!DISMEMBERやNIHILIST~ENTOMBEDの流れを継承しつつ「ここぞ」で飛び出るメロディックさは、INTESTINE BAALISMに通じる所もありドカドカな疾走や邪悪パートなど展開の安定感が抜群!!オールドスクール好きは必聴!!!(大塚)


MICAWBER / BEYOND THE REACH OF FLAME

05年結成のUSデスメタルによる3rdアルバム。これまで自主でしたが、Prostheticと契約してのリリース。オールドスクールでもブルデスでもないタイプで、デスラッシュな疾走やテクニカル・デス、ブルデス系なリフや展開も見せつつ、DEATHのチャック・シュルディナーに影響を受けてそうな流麗でテクニカルかつメロディアスなギターソロが印象的。VADERやDECAPITATEDなどポーランド・デスとUnique LeaderやWILLOWTIP所属のテクニカル系が合わさったような感じで演奏力も高く、アートワークはオールドスクールっぽいですが、ユーロ・デスメタル系が好きな方にアピールしそうな内容です。(大塚)



BLEEDING THROUGH / LOVE WILL KILL ALL
14年に解散したUSシンフォニック・メタルコアが再結成、6年ぶりとなる18年8thアルバム!DIMMU BORGIRに代表されるシンフォニックなアレンジをメタルコアにも導入した先駆者として来日もしている彼らのサウンドは、ハードコア由来のアグレッションを持ちつつ、嫌味に出過ぎないクリーン(Vo)が特徴。メロディック・デスの叙情性やシンフォニックなアレンジ、ブルータルな疾走感やブラストなどバランスよくまとめ上げてます。女性キーボーディストのマータ・ピーターソによるアレンジもバンド・サウンドに非常にマッチしており他の追随を許さないクオリティの高さはさすがです。ABIGAIL WILLIAMSやFLESHGOD APOCALYPSEが好きな方はこの機会にぜひ!(大塚)



ILSA / Corpse Fortress
US暗黒メタリック・ハードコアINTEGRITYの17年作に参加したJoshua Brettell(Ds)が在籍するワシントンのクラスト/ドゥーム・デス5人組、A389からRelapseへ移籍しての18年発表5thアルバム。AMEBIXやSAINT VITUS、BURNING WITCH、BOLT THROWER、 CELTIC FROST、EYEHATEGODなどの影響を公言している通り、それらの暗黒性をまとったドーム・デスなサウンドで、超重量圧殺グルーヴや絶妙に速くならない疾走感が素晴らしい暗黒退廃作品。COFFINSやCIANIDE、DIVINE EVE、WINTER、GARADAMAあたりが好きなら間違いないでしょう!(大塚)


NEUROSIS / Pain Of Mind
このバンドを一言で説明するのは難しく、ハードコアやメタルといった音楽がベースになっていると思いますが、人間の内面にある闇を投影したようなスピリチュアルな音。これが正しいとも言えませんが、彼等の音楽を理解するには時間が掛かると思います。NEUROSISは’85年カリフォルニア州オークランドにて、Scott Kelly<G/Vo>、Dave Edwardson<Ds>、Jason Roeder<B/Vo>というメンバーで結成、平均年齢は16歳という若さでしたが、当時からBLACK SABBATHやBLACK FLAG、AMEBIXに影響を受けたサウンドをプレイしてようです。そして、87年に米Alchemy Recordsから発表されたのが本作1stアルバム。現在の壮大でスピリチュアルなサウンドからは想像も出来ないUSハードコアですが、BLACK SABBATHやBLACK FLAG、AMEBIXに影響された捻じれたスタイルで、根底にある病んだ暗黒性がこの当時から発していた事が分かります。2000年にバンド自身が運営するNeurot Recordingsより再発され日本盤も出ましたが廃盤になってましたので、今回2回目のNeurot再発盤('17)は歴史を振り返る意味でも意義のあるリリースに思います。また、白黒基調のアートワークに色がついた事により印象もだいぶ変わりました。(大塚)


LIK / CARNAGE
THE RESISTANCEやKATATONIA、BLOODBATHのライヴ・サポート・メンバーでもあるTomas Akvik(G,Vo)、THE RESISTANCE /WITCHERYのChristofer Barkensjo(Ds)、KATATONIAのNiklas Sandin(B)による現行スウェディッシュ・デス、18年発表2ndアルバム。基本的にDISMEMBERやGRAVE直系の疾走サウンドながら、中期以降のDISMEMBERのような攻撃性の中でメロディアスな要素を垣間見させるオールドスクール・サウンド。ジャリジャリな質感のリフとドカドカ疾走な勢いと邪悪ミドル・グルーヴが好きなら必聴!BLOODBATHAあたりが好きならぜひ。(大塚)


SENTIENT HORROR / THE CRYPTS BELOW
ニュージャージーのオールドスクール・デスによる5曲入りの18年発表EP。これはカッコイイ!ほぼ全曲ドカドカ疾走メインで合間にメロディアスなソロ(巧い!)や邪悪パートが入るサウンドで、ラストにEDGE OF SANITYカヴァーという構成(マスタリングはダン・スワノ!)。中期以降のDISMEMBERに近いスウェディッシュ・デス・スタイルで勢いを感じる作品!(大塚)


SPECTRAL VOICE / ERODED CORRIDORS OF UNBEING
ほぼBLOOD INCANTATIONのメンバーによるUSドゥーム・デス、Dark Descent Recordsからの17年発表の1stフル。不穏なアルペジオ、ずっしりとタメの効いたリフとドラミングによる遅重パート、からのズクズクな重厚ミドル、そして爆発するブラストビート。といった、かなりdisEMBOWELMENTの影響を感じさせるサウンド。ドゥーミーながらブラストが入る言わば反則的アプローチで伝説となったオーストラリアのdiSEMBOWELMENT(現INVERLOCHが継承)、そのスタイルにINCANTATIONばりの地獄的重さが加わった暗黒作品。展開もしっかりしており、聴きにくいスタイルなのに一気に聴けてしまうのは、トータルでカッコイイからでしょう。オールドスクール好きは必聴!かなりオススメです。(大塚)

HORRIFIED / ALLURE OF THE FALLEN
UKデスメタルHORRIFIEDによる3rdアルバム。初期のオールドスクール・デスからメロディック・デスへと変化した流れのサウンドながら、甘すぎない90'sメロデス的サウンドで英国らしい湿った空気と耽美観、うねうね動くベースやトレモロリフなど独特のブラッケンドなメロデス作品!(大塚)


WITCHCRYER / CRY WITCH
テキサス女性Voドゥーム・ロックWITCHCRYERによる17年1stアルバム。サイケなアレンジなどもありますが、基本はBLACK SABBATH影響下的なリフとダイナミズムあるリズムでテンポよく展開するハードロッキンなドゥーム・サウンド。後半でWITCHFINDER GENERALのカヴァーもプレイ!(大塚)
 

IHSAHN - Amr
EMPERORの中心人物、才人Ihsahnによる18年7thアルバム。これまで通りドラム以外全てIhsahnがこなし、ドラムだけLEPROUSのTobias Ørnes Andersenが担当。一時、アヴァンギャルド方面へ傾倒したものの前作からメタル要素が戻ってきており、今作もその流れにあるサウンドですが、相変わらず唸らされる仕上がりです。アンビエントやエレクトロニカ的アレンジのメランコリックなムードや、不気味な暗黒性、プログレッシヴ、アヴァンなど様々な要素を彼の深遠な世界観でまとめあげたサウンドで、リリース毎にこれだけのクオリティをキープするのも才能の成せる業なのでしょうか・・とにかくULVERのGarmと彼はやはり別格です。ブラスト全開のブラックメタル・チューンで幕開けとラストを飾る構成も◎ (大塚)


SKELETAL REMAINS / DEVOURING MORTALITY
2016年の浅草デスフェストで話題となったFUELED BY FIREのChris Monroy(G,Vo)が在籍(今はこちらがメイン?!)するカリフォルニアのオールドスクール・デス、Century Mediaへ移籍しての約3年ぶり18年3rdアルバム。初期DEATHやPESTILENCEなど、80年代後期スラッシュ~初期デスメタル勃興期の流れを継承するデスメタル・スタイルで、2ビートの爆走やブラスト/スローパートにテクニカルなリフやソロが絡むスウェディッシュ系とは異なるオールドスクール・デス・サウンド。とにかく、フックある展開が持ち味でフロリダ系が好きな方にもぜひ聴いていただきたい逸材で猛烈にオススメ!(大塚)



THE BODY /– I Have Fought Against It, But I Can’t Any Longer
【狂気の異形エレクトロ・ドローン・スラッジ】
Daymare RecordingsよりTHE BODYの2018年単独最新作入荷してます!パワーエレクトロ×狂気&安らぎのフィメール(Vo)×ピアノやストリングス・アレンジ×轟音圧スラッジ・ドローンが蠢く狂ったサウンド好きは要チェックな1枚!日本先行発売です!


ANGELUS APATRIDA / CABARET DE LA GUILLOTINE
スペインのスラッシュメタルによる18年6thアルバム。爆走と刻みリフなどスラッシュメタル特性のみならず、ある意味ドラマティックかつムーデイーでメロディアスな要素もあるサウンドが特徴。ヴォーカルが歌えるという事もあると思いますが、そういった意味ではTESTAMENTに近いものがあり、誤解を恐れずに言えばスラッシュだけど聴きやすく幅広い層へアピールする仕上りと言えます。クランチーに刻みまくりの爆走スラッシュ・ナンバーもありますが全体的に疾走感は抑えめですが、クオリティは高く堂々たる内容です。とりあえずギターがかなり良い仕事っぷり!(大塚)


ALGHAZANTH / EIGHT COFFIN NAILS
フィンランドの実力派シンフォニック・ブラックメタルALGHAZANTHによる約5年ぶり8thアルバム!派手さはないもののメロウ&コールドなこれぞ凍てつく世界観を表現した北欧ブラックの一級作品!!!(大塚)

Alghazanth - Facing The North
ブログ内検索
SHOP DATA

〒160-0022
新宿区新宿3-28-4
新宿三峰ビル5F
TEL:03-5363-9778

営業時間:11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

当店や新宿地区各店の地図

ディスクユニオン新宿地区/提携駐車場のご案内

お店のホームページ


メールお問い合わせ

メルマガご登録


通信販売のご案内


diskunion新宿
ヘヴィメタル買取センター

買取専用フリーダイヤル
TEL:0120-708-702
(携帯電話の方は03-3356-5975)

新宿へヴィメタル買取センターのご案内

買取のメールお問い合わせ

<提携駐車場のご案内>
詳しくはこちら↓をクリック
b7b373cd.gif


店舗在庫検索
2c72eba7.gif 
オンラインで店舗の在庫検索が可能になりました。
中古オンラインSHOP
 
中古商品を専用サイトでお買上げ頂けます!
メタルの品揃えも大充実!
twitter・Instagram
Instagram
↑twitter・Instagram始めました!!
最新情報をつぶやいていきます。フォローして下さい♪

他のハード・ロック/ヘヴィ・メタル専門店のブログ
★オーディオ取り扱い店BLOG
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Template by Crow's nest