NEWS
★2018年7月1日(日)ご注文受付分より 配送料の変更について★


2018年7月17日(火) 11:00から【オンライン中古セール】DEATH/BLACK METAL CDセール!


★2018年8月31日まで■ ハードロック/ヘヴィメタル CD高価買取リスト★


★HARD ROCK / HEAVY METAL アナログ・レコード 高価買取リスト ~ JAPANESE METAL編★


★メタル リリース1年以内CD高価買取リスト★


★PANTERAの国内盤CD500円買取保証キャンペーン★


♪♪♪ 買取のご案内 ♪♪♪


【KING OF 鋼鉄クーポン】国内盤新品商品をお買い上げで10%還元!


METALレコード・ライフのすすめ


ディスクユニオン公式クリーナー


サンプル

サンプル



【お客様の声】

友だち追加数

★新譜高価買取★

♪自宅で中古ショッピング♪

フリーペーパーPINHEAD
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7


LECHEROUS NOCTURNE / OCCULTACLYSMIC
USテクニカル・ブルータル・デスによる18年4thアルバム!これは激しい!!!いわゆるUnique LeaderやWillowtip系なサウンドながら、とにかくブラストしかり勢いがハンパない!目まぐるしくカオティックにそして複雑でテクニカルな展開の応酬でORIGINとHELLNATIONが合体したかのようなブルデス+ファスト/パワーヴァイオレンスな感じのとにかく「ウルサイ」仕上がりでサイコー!!!(大塚)


●CONDITION GREEN / Life Of Change
71年に沖縄/コザ市で結成された紫と並び沖縄を代表する伝説のハードロック・バンド。78年にリリースされた1stフルの2018リマスター再発盤。カッチャン(Vo)、シンキ(G)、エディ(B)、ターケ(Ds)による4人編成で、紫がブリティッシュ・ハード然としていたのに対して、CONDITION GREENはアメリカン・ハードなサウンドと、派手でアクロバティック(人間タワーや人間風車しながらの演奏、ステージでの花火、蛇の頭を喰いちぎる、鶏の血を飲む等)、奇抜なライヴ・パフォーマンスで戦時中の米兵を黙らせるなど当時注目を集めた。派手なパフォーマンスながら、テクニックに裏打ちされた演奏、そしてブルージーでファンキーかつソウルフルなハードロック・サウンドは、彼らが実力者であった事の証明であり聴けば誰もが納得するはず。これまで未CD化であった77年リリースの1st 7インチから『Condition Train』をボーナストラック収録。(大塚)

●CONDITION GREEN / Mixed-Up
ターケ(Ds)が脱退し、ex-サジテリアスのエツ(Ds)とex-紫の宮永英一(Ds)が加入しツイン・ドラム編成になって79年にリリースされた米国録音2ndフルの2018年リマスター再発盤。⑤はJOHNNY WINTER、⑥はSTEPPENWOLFのカヴァー。この後にギタリストのシンキは、紫の宮永英一(Ds)、ex-MARINER/紫のJJ(Vo)、CREATIONのチュピート竹内(B)、カルメン・マキ&LAFFの中島優貴(Key)らとHEAVY METAL ARMYを結成する。これまで未CD化であった77年リリースの1st 7インチから『Condition Train』他をボーナストラック収録。ハードロック好きは1stも2ndも必聴。どちらも素晴らしい内容です。(大塚)


PAN-THY-MONIUM / Dawn of Dreams、Khaooohs
EDGE OF SANITYやNIGHTINGALEでの活動やプロデューサーとしても有名なDan Swanöが、後にSCAR SYMMETRY他のハーシュ(Vo)を担当するRoberth KarlssonやEDGE OF SANITY,OPHTHALAMIA人脈メンバーにより活動させていたアヴァンギャルド/プログレッシヴ・デス、92年1stアルバムと93年2ndアルバムの18年再発盤。70年代ハードロックからフリージャズ、プログレッシヴ・ロック、デスメタル、グラインド、ドゥームなどを融合させた特異なサウンドで初期デスメタル・シーンの中でも異彩を放っていたバンド。実験的でアヴァンギャルドですが、それを強引に聴かせてしまう構築性が見事。DISHARMONIC ORCHESTRAやNOCTURNUS、2作目以降のCARBONIZED、今のバンドならDiablo Swing Orchestraのような変種系が好きな人はぜひ聴いていただきたい。変わったサウンドが好きな方なら気に入るはずです。DISASTROUS MURMURの1stと同じようにOsmose Productionsからのリプレス盤でリマスターなどは施されてないようですが、廃盤につき入手しやすい時にどうぞ。(大塚)


トリプルギターを活かした立体的なリフ構成と手数多くテクニカルなドラム、効果的に配されたkeyが、SF的無慈悲さをドラマチックに表現している1枚。

3rdも超強力ですが、この2ndもオススメです!


ABSTRACTER / CINEREOUS INCARNATE
オークランドの暗黒クラスト・スラッジ/ドゥームによる18年3rdアルバム。GODFLESHやDYSTOPIA、AMEBIXに強く感化された模様で、疾走と重圧的なスラッジ・パートの対比や陰鬱でプリミティヴな音塊、無機質で血生臭いビートなど一環して暗黒な世界観を形成。確かにLEVIATHANやPRIMITIVE MANなどが好きなリスナーには響く作品で、アトモスフェリックでありながら耽美系とは真逆のベクトルに向かっておりFRIENDSHIPの新作にやられた方にも是非聴いていただきたい1枚。とにかく黒い度合が凄まじいです。日本盤のみAMEBIXのカヴァーをボーナストラック収録。(大塚)
 

KATAKLYSM / MEDITATIONS
91年結成のカナダ産デスメタルの重鎮による約3年ぶりとなる13thフル。かつては鬼神の如き『ノーザン・ハイパー・ブラスト』の異名をとっていたブルータル・デスが有名でしたが、徐々にメロディック・デス・メタル寄りのサウンドへ変化。メロディック・デスとオールド・スクールなブルータル・デスをミックスしたスタイルを確立。さすがに初期の様なブチ切れ具体は薄いですが、硬派なメロデスと言うかブルータリティを絶妙に融合させるベテランならではの技が随所で光るサウンドの安定感はさすが。即効性は薄く地味と言えば地味ですが、デスメタルの美学を貫いた姿勢にリスペクト。(大塚)


CACTUS / CACTUS
現在開催中のハードロック特集よりこの1枚!オトコのシンボルを意味するサボテンのバックに夕日が浮かぶジャケット、BLUE CHEERもカヴァーしたMose Allisonの『Parchman Farm』で始まる1曲目。コレ聴いて何も感じないロック好きはいるのでろうか?燃え上がるJim McCartyのギター、今は亡きRusty Dayの最高に熱いヴォーカル、Tim Bogert(B)とCarmine Appice(Ds)による鉄壁のリズム隊、完璧のアンサンブルとダイナミックな演奏によるアメリカン・ハードロックの最高峰!70年発表の大名盤1stフル。①は問答無用に最強なナンバー、そしてブギーあり、ブルースあり、50年代シカゴ・ブルース影のボスと言われる巨人Willie Dixonのカヴァーの④などなど、最高という言葉以外見つからない奇跡の作品。SIR LORD BALTIMOREと並んでCDラックに絶対に入ってないといけない1枚。サボテンを象徴とする意味と同じように、ハードロックの象徴とは間違いなくCACTUSである。こちらは英Hear No Evil Recordingsからの2013年再発盤で、71年の名作3rdアルバムの2in1リマスター&ボーナストラック入りのお買得盤!(大塚)



THORIUM / BLASPHEMY AWAKES

初期スウェディッシュ・デスなスタイルで一部マニアからアツい指示を受けていた97年結成のデンマーク・デスメタル"THORIUM"による約10年ぶり4thアルバム!DISMEMBERやNIHILIST~ENTOMBEDの流れを継承しつつ「ここぞ」で飛び出るメロディックさは、INTESTINE BAALISMに通じる所もありドカドカな疾走や邪悪パートなど展開の安定感が抜群!!オールドスクール好きは必聴!!!(大塚)


MICAWBER / BEYOND THE REACH OF FLAME

05年結成のUSデスメタルによる3rdアルバム。これまで自主でしたが、Prostheticと契約してのリリース。オールドスクールでもブルデスでもないタイプで、デスラッシュな疾走やテクニカル・デス、ブルデス系なリフや展開も見せつつ、DEATHのチャック・シュルディナーに影響を受けてそうな流麗でテクニカルかつメロディアスなギターソロが印象的。VADERやDECAPITATEDなどポーランド・デスとUnique LeaderやWILLOWTIP所属のテクニカル系が合わさったような感じで演奏力も高く、アートワークはオールドスクールっぽいですが、ユーロ・デスメタル系が好きな方にアピールしそうな内容です。(大塚)



BLEEDING THROUGH / LOVE WILL KILL ALL
14年に解散したUSシンフォニック・メタルコアが再結成、6年ぶりとなる18年8thアルバム!DIMMU BORGIRに代表されるシンフォニックなアレンジをメタルコアにも導入した先駆者として来日もしている彼らのサウンドは、ハードコア由来のアグレッションを持ちつつ、嫌味に出過ぎないクリーン(Vo)が特徴。メロディック・デスの叙情性やシンフォニックなアレンジ、ブルータルな疾走感やブラストなどバランスよくまとめ上げてます。女性キーボーディストのマータ・ピーターソによるアレンジもバンド・サウンドに非常にマッチしており他の追随を許さないクオリティの高さはさすがです。ABIGAIL WILLIAMSやFLESHGOD APOCALYPSEが好きな方はこの機会にぜひ!(大塚)



ILSA / Corpse Fortress
US暗黒メタリック・ハードコアINTEGRITYの17年作に参加したJoshua Brettell(Ds)が在籍するワシントンのクラスト/ドゥーム・デス5人組、A389からRelapseへ移籍しての18年発表5thアルバム。AMEBIXやSAINT VITUS、BURNING WITCH、BOLT THROWER、 CELTIC FROST、EYEHATEGODなどの影響を公言している通り、それらの暗黒性をまとったドーム・デスなサウンドで、超重量圧殺グルーヴや絶妙に速くならない疾走感が素晴らしい暗黒退廃作品。COFFINSやCIANIDE、DIVINE EVE、WINTER、GARADAMAあたりが好きなら間違いないでしょう!(大塚)


NEUROSIS / Pain Of Mind
このバンドを一言で説明するのは難しく、ハードコアやメタルといった音楽がベースになっていると思いますが、人間の内面にある闇を投影したようなスピリチュアルな音。これが正しいとも言えませんが、彼等の音楽を理解するには時間が掛かると思います。NEUROSISは’85年カリフォルニア州オークランドにて、Scott Kelly<G/Vo>、Dave Edwardson<Ds>、Jason Roeder<B/Vo>というメンバーで結成、平均年齢は16歳という若さでしたが、当時からBLACK SABBATHやBLACK FLAG、AMEBIXに影響を受けたサウンドをプレイしてようです。そして、87年に米Alchemy Recordsから発表されたのが本作1stアルバム。現在の壮大でスピリチュアルなサウンドからは想像も出来ないUSハードコアですが、BLACK SABBATHやBLACK FLAG、AMEBIXに影響された捻じれたスタイルで、根底にある病んだ暗黒性がこの当時から発していた事が分かります。2000年にバンド自身が運営するNeurot Recordingsより再発され日本盤も出ましたが廃盤になってましたので、今回2回目のNeurot再発盤('17)は歴史を振り返る意味でも意義のあるリリースに思います。また、白黒基調のアートワークに色がついた事により印象もだいぶ変わりました。(大塚)


LIK / CARNAGE
THE RESISTANCEやKATATONIA、BLOODBATHのライヴ・サポート・メンバーでもあるTomas Akvik(G,Vo)、THE RESISTANCE /WITCHERYのChristofer Barkensjo(Ds)、KATATONIAのNiklas Sandin(B)による現行スウェディッシュ・デス、18年発表2ndアルバム。基本的にDISMEMBERやGRAVE直系の疾走サウンドながら、中期以降のDISMEMBERのような攻撃性の中でメロディアスな要素を垣間見させるオールドスクール・サウンド。ジャリジャリな質感のリフとドカドカ疾走な勢いと邪悪ミドル・グルーヴが好きなら必聴!BLOODBATHAあたりが好きならぜひ。(大塚)


SENTIENT HORROR / THE CRYPTS BELOW
ニュージャージーのオールドスクール・デスによる5曲入りの18年発表EP。これはカッコイイ!ほぼ全曲ドカドカ疾走メインで合間にメロディアスなソロ(巧い!)や邪悪パートが入るサウンドで、ラストにEDGE OF SANITYカヴァーという構成(マスタリングはダン・スワノ!)。中期以降のDISMEMBERに近いスウェディッシュ・デス・スタイルで勢いを感じる作品!(大塚)


SPECTRAL VOICE / ERODED CORRIDORS OF UNBEING
ほぼBLOOD INCANTATIONのメンバーによるUSドゥーム・デス、Dark Descent Recordsからの17年発表の1stフル。不穏なアルペジオ、ずっしりとタメの効いたリフとドラミングによる遅重パート、からのズクズクな重厚ミドル、そして爆発するブラストビート。といった、かなりdisEMBOWELMENTの影響を感じさせるサウンド。ドゥーミーながらブラストが入る言わば反則的アプローチで伝説となったオーストラリアのdiSEMBOWELMENT(現INVERLOCHが継承)、そのスタイルにINCANTATIONばりの地獄的重さが加わった暗黒作品。展開もしっかりしており、聴きにくいスタイルなのに一気に聴けてしまうのは、トータルでカッコイイからでしょう。オールドスクール好きは必聴!かなりオススメです。(大塚)
ブログ内検索
SHOP DATA

〒160-0022
新宿区新宿3-28-4
新宿三峰ビル5F
TEL:03-5363-9778

営業時間:11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

当店や新宿地区各店の地図

ディスクユニオン新宿地区/提携駐車場のご案内

お店のホームページ


メールお問い合わせ

メルマガご登録


通信販売のご案内


diskunion新宿
ヘヴィメタル買取センター

買取専用フリーダイヤル
TEL:0120-708-702
(携帯電話の方は03-3356-5975)

新宿へヴィメタル買取センターのご案内

買取のメールお問い合わせ

<提携駐車場のご案内>
詳しくはこちら↓をクリック
b7b373cd.gif


店舗在庫検索
2c72eba7.gif 
オンラインで店舗の在庫検索が可能になりました。
中古オンラインSHOP
 
中古商品を専用サイトでお買上げ頂けます!
メタルの品揃えも大充実!
twitter・Instagram
Instagram
↑twitter・Instagram始めました!!
最新情報をつぶやいていきます。フォローして下さい♪

他のハード・ロック/ヘヴィ・メタル専門店のブログ
★オーディオ取り扱い店BLOG
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Template by Crow's nest