新宿駅から徒歩3分!ハードロック/ヘヴィメタル専門店です!スラッシュ/デス/ブラック/ドゥーム・ストーナー/ポストメタル系/メタルコア/メロディアス・ハード/ジャパニーズメタル等々、CD/レコード/DVD/ブルーレイ/音楽書籍/アパレル/グッズ/前売りチケット/音楽酒などなど新品/中古とも充実の品揃え!店舗通販も承ります!買取もお任せください!メタル専門スタッフが1点1点丁寧に買取します!1枚からでも大歓迎!1,000枚、5,000枚、1万枚など大口買取もOK!訪問・宅配買取します!お気軽にご相談ください。 店舗での買取は、関東近郊ライヴついでに!店頭でのお支払いが早いです!現金にて即支払い!
ディスクユニオン新宿ヘヴィメタル館ストアブログ
NEWS
店舗受取サービスはじめました!


ディスクユニオン・メンバーズのご案内


【2019年10月1日(火)~】商品配送サービスの変更についてご案内


♪♪♪ 買取のご案内 ♪♪♪


メタル リリース1年以内CD高価買取リスト


Korpiklaani国内盤CD 買取保証キャンペーン!!


JUDAS PRIEST国内帯付レコード 買取保証キャンペーン!!


HEAVY METAL / HARD ROCKのLP帯付/国内ライナー付で500円買取保障キャンペーン開催!


【KING OF 鋼鉄クーポン】国内盤新品商品をお買い上げで10%還元!


METALレコード・ライフのすすめ


ディスクユニオン公式クリーナー


サンプル

サンプル



【お客様の声】

友だち追加数

★新譜高価買取★

♪自宅で中古ショッピング♪

フリーペーパーPINHEAD
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


Strigoi / Abandon All Faith
PARADISE LOSTのメインコンポーザーの1人グレガー・マッキントッシュ(G)による新プロジェクトの19年1stアルバム。2010年以降のEXTREME NOISE TERRORに在籍したクリス・カスケット(B)とゲストでPARADISE LOST/元VALLENFYREのワルテリ・ヴァイリネン(Ds)が参加してます。18年に解散したグレガーのサイドプロジェクトVALLENFYREは、初期SWEデスを出発点としつつアルバムごとにハードコア/クラストに接近していった事が方向性の違いだったようで、いわば本隊バンドで出来ない激音の追及がこのバンドの存在のようです。退廃的でノイジーなイントロで幕を上げ、初期デスやブラックの血をD-BEAT爆走とブラストで突進しつつドーム・デスでも落とすスタイル。このザラついたアグレッションと闇落ち退廃感に支配されたサウンドからは、CELTIC FROSTやTRIPTYKONがデス/ハードコア化、もしくはDISFEARがドゥーム・デス化したかのような腐臭漂いつつも威厳が感じられ、初期デスやドゥーム・デス、オールドスクール・デスが好きな方は要チェックな作品に仕上がってます。(大塚)


WARSENAL / Feast Your Eyes
2012年結成のカナダ・スラッシュ・トリオ、Punishment 18(ITA)からSvart(FIN)へ移籍しての19年2ndアルバム。これは強力!!!RAZORに通じるスピーディーに爆走しまくるスラッシュ/スピードメタル的なスタイルで、とにかくリフのバリエーションが豊富でしかもカッチョイイ!!さらに、VOIVODや初期MEGADETH、CORONERなどのテクニカル&メカニカルな要素というかアレンジが冴えており一気に聴き抜ける爆裂強力盤!!!スラッシャー要チェックです!(大塚)


RAMROD / JET BLACK
マルティナ(Vo)とマルコ(G)によるピカロ兄弟によって2013年に結成されたピアノ/オルガン奏者含むイタリアの5人組、地元レーベルBlack Widowと契約しての19年2ndアルバム。一言で言うとブルースハードですが、シタール(に聴こえます)や笛を導入したサイケデリックでプログレ/フォーキッシュな楽曲からアコースティックでメロウなナンバー、ブルージーなオルガンハードまで実に多彩でカラフルな楽曲が並びます。また、可憐で憂いのある歌唱が映える⑦や、ソウルフルでこぶしを利かせつつ表現力豊かに歌い上げるマルティナの歌唱も魅力的なポイント。ギターも泣いてて染みます・・ 元PURSONのロザリー・カニングハムのソロ作も素晴らしかったですが、こちらも負けず劣らずの内容で、今後も要注目!(大塚)


KNASTERBART / PERLEN VOR DIE SAUE
2012年結成、ヴァイオリンやマンドリン、フルート奏者含む7人組ドイツ・フォークロック、オーストリアのNapalm Recordsと契約しての19年4thアルバム。いわゆる70年代フォークロック系譜やネオフォーク系とも異なり、アイリッシュ・パンクやブルーグラス/カントリー、アコースティック・スウィング、ジプシー・ジャズなどに親和性を感じるような躍動感あふれるサウンドが特徴。中世の酒場で演奏されてそうな陽気で哀愁漂うメロディと皆が口ずさめるようポピュラリティ溢れるサウンドは、とにかく陽気に踊りたくなるような展開が魅力!ヴァイオリンやマンドリンなどを加えたバンド演奏に、ダミ声ながらどこか憎めない母国語のヴォーカルとシンガロングなコーラスも絡みつつ哀愁たっぷり心温まる作品に仕上がってます。見た目はコメディチックでふざけたルックスですが、音的にかなりクセになる1枚!とりあえず、コルピクラーニに代表される酒メタル森メタルが好きな方は要チェック!(大塚)







HAVOHEJ / TABLE OF UNCREATION
初期INCANTATIONのメンバーで、PROFANATICAのPaul Ledney(Vo,Ds)によって93年に始動したNYカルト・ブラック、約10年ぶりとなる19年3rdアルバム。PROFANATICAと同じくしてアンダーグラウンド最重要バンド、名曲『Weeping in Heaven』でも有名な背徳バンド。初期とは異なり、轟音地鳴りのようなノイズ・アンビエントを導入した漆黒サウンドに怨念ヴォーカルが乗る・・実に恐怖でしかないプリミティブでRAWなスタイル。ブラストでの速い展開もありますが基本はスローミドルなスタイル、そしてこのテンポダウンしたパートこそ恐怖感が余計強く出ており、この不穏なアンビエント・ノイズによる闇の浸食とドゥーム/スラッジ系と明らかに異なる畏怖のスロウネスこそがポイントと言えます。③から④に入る所なんかゾゾゾ・・・そしてエコーでこだまするドラムの1音1音もまた怖い・・奈落の底でうごめくサタニック・サウンドに完全降伏・・・これは凄いです。(大塚)


Hanging Garden / Into That Good Night
ENTWINEのMika Tauriainen(Vo)が在籍するShamRainのギタリストMikko Kolariを中心に2004年に結成された、フィンランドのメランコリック・ゴシック・ドゥーム、初期はSpikefarmに所属してましたが現在はLifeforceで6枚目のアルバム('19)。フィンランド特融のメランコリックで悲哀感漂うメロディをゆったりとした時間軸でじっくり展開、ディープなグロウルやクリーンVoを交え重厚なヘヴィネスと耽美で繊細なパートが交錯するサウンドで、泣ける哀愁のギターが心に染み、リリカルで美麗なピアノの旋律に涙する・・ 曲によってはフィメール・ソプラノ(Vo)も導入され華を添えたアレンジが冴えます。アトモスフィアでポスト的な雰囲気も漂わせてますが、しっかりとメタリックな重さやアグレッションも失われてなく、このバランス感覚がアルバム完成度に一役買ってます。とりあえず、SWALLOW THE SUNやKATATONIA周辺が好きな耽美派の方は要チェック!(大塚)


Vesperith / Vesperith
フィンランドのゴシック・ドゥームREVERIES ENDの元(Vo)サリーナ・タニによるアトモスフェリック・ブラック、Svartからデビューとなる19年1stアルバム。ORANSSI PAZUZUやDARKSPACEなどのサイケ/スペイシー系、自然崇拝系のWOLVES IN THE THRONE ROOM、そしてSWANSやBjörkも引き合いに出されたレーベルINFOにある通り、リチュアルかつヒプノティックで幻想的とも言えるスタイル。アトモスフェリックでアンビエンスな空間がうごめく中、ささやくような美麗ヴォーカルが泳ぎ、アトモスフェリックで悲哀なメロディに絶叫Vo+ブラストも導入されたサウンド。全体的に暗黒耽美なエクスペリメンタル性が強く出ており、RUNHILD GAMMELSAETERやSWANSのJARBOEほどの狂気性はありませんが、それに近い世界観を持ったアーティストと言えます。要チェック!(大塚)



DENNER'S INFERNO / In Amber
BRATS/MERCYFUL FATE/KING DIAMONDに在籍したマイケル・デナー(G)を中心に、OUTLOUDのチャンドラー・モーゲル(Vo)、ex-FATE/現MERCYFUL FATEのビャーネ・T・ホルム(B)、フレミング・ムース(B)によって2018年結成、1st EPリリースの3か月後にリリースされた19年1stアルバム。70'sハードロック~NWOBHM~ドゥームを横断するダークでハードロック、ドゥームでプログレッシヴな血も感じる楽曲に、アレンジを加えたカヴァー曲(①MONTROSE、③TEMPEST、⑤CHEAP TRICK、⑦STREETWALKERS、⑨TRAPEZEと)が交錯する独特の構成で、全体の印象としては70年代サウンド感が強く、個人的には70年代のPENTAGRAMに近いような雰囲気も感じられ、チャンドラーの声もボビーのように聴こえてきます。とにかく、このアンサンブルをサウンド、雰囲気は若いバンドでは出せないと言うか、そういった意味でもさすがと言える1枚。いや本当味わい深くてイイです。日本盤ボーナストラック⑪は1st EP収録の①とは異なるMONTROSEカヴァー。(大塚)


WILDERUN / VEIL OF IMAGINATION
08年結成、カリフォルニアのプログレッシブメタルによる約4年ぶり19年3rdアルバム。これはとんでもない作品が出ました!もともとはフォーキッシュなメタルを出発点としていますが、よりメロディアスでドラマティックなエクストリーム系要素のあるプログレッシヴなサウンドへと進化。自主リリースながらダン・スワノがミックス、OPETHやKATATONIA、LEPROUSなど数多くのバンドを手掛けるイェンス・ボグレンがマスタリングを担当しており、完全にメジャー級のクオリティに仕上がってます。アトモスフェリックでややダークな世界観ですが相反するポジティヴな要素も同居しており、オーケストレーションを専任するメンバー編成も強みなのか、壮大でドラマティックなシンフォニック・アレンジのレベルも高く、リリカルなピアノの旋律による繊細なパートからデス/ブラックのアグレッションまで静と動の対比を表現しつつ、耳を引くメロディに加えアレンジ/楽曲展開まで本当に見事。ヴォーカルはディープなグロウルも操ってますが基本はオーガニックなクリーンVoで、これがなかなか味わい深いトーン。とにかくグイグイと聴き手を引き込み、非常にアーティスティックな感覚も強固、前述したバンドでは以前のOPETH影響が強い作風ですが、トータルバランスの完成度はかなりの高さ!しなやかで柔軟、この聴き応え感はすごいです、必聴。(大塚)

結成20周年を迎えた孤高の妖怪ヘヴィ・メタル・バンド陰陽座の全作品を網羅した究極のボックス・セット入荷しました!

全オリジナル・スタジオ・アルバム15作品に、初期の代表曲10曲を新録した特典ディスクがついた全16枚入りの豪華ボックス『廿魂大全』、全シングル16作品にボーナストラックとして「甲賀忍法帖」(20周年記念新録版)を収録(シングル「甲賀忍法帖」に併録)した全16枚組ボックス『単盤大全』


アルバムのみならずシングルもコンプリートできてしまうまさに究極の2ボックス!!


シングルもコンプリートしているという文字通りマニアの皆様にも、2019年最新マスタリング『初期の代表曲10曲を新録した特典ディスク』『全44頁別冊写真集』は嬉しいところですね!!


ディスクユニオンでは『廿魂大全』と『単盤大全』を同時お買い上げのお客様に先着で『陰陽座皿』をプレゼント!最近ではなかなか無い豪華な特典です!!




●陰陽座 / 廿魂大全<完全限定盤>
国内CD 33,000円(税込) (キングレコード / KICS93810/25 / 4988003547349)


【国内盤】
【2019年12月4日発売】
結成20周年を迎えた孤高の妖怪ヘヴィ・メタル・バンド陰陽座の全作品を網羅した究極のボックス・セット!

1999年、妖怪ヘヴィメタルという空前絶後のコンセプトを掲げこの世に誕生した陰陽座の20年の創作活動を凝縮した豪華ボックス・セット2作同時発売決定!!全オリジナル・スタジオ・アルバム15作品に、初期の代表曲10曲を新録した特典ディスクがついた全16枚入りの豪華ボックス・セット。

【仕様】
・全収録曲2019年最新マスタリング
・紙ジャケット仕様
・特製収納匣仕様
・全44頁別冊写真集付





●陰陽座 / 単盤大全<完全限定盤>
国内CD 16,500円(税込) (キングレコード / KICM91960/75 / 4988003547356)


【国内盤】
【2019年12月4日発売】
結成20周年を迎えた孤高の妖怪ヘヴィ・メタル・バンド陰陽座の全作品を網羅した究極のボックス・セット!

1999年、妖怪ヘヴィ・メタルという空前絶後のコンセプトを掲げこの世に誕生した陰陽座の20年の創作活動を凝縮した豪華ボックス・セット2作同時発売決定!
全シングル16作品にボーナストラックとして「甲賀忍法帖」(20周年記念新録版)を収録(シングル「甲賀忍法帖」に併録)した全16枚組ボックス・セット。

【仕様】
・全収録曲2019年最新マスタリング
・紙ジャケット仕様
・特製収納匣仕様

ソングリスト
1.『月に叢雲花に風』
2.『妖花忍法帖』
3.『鳳翼天翔』
4.『醒』
5.『睡』
6.『組曲「義経」~悪忌判官』
7.『組曲「義経」~夢魔炎上』
8.『組曲「義経」~来世邂逅』
9.『甲賀忍法帖』
10.『黒衣の天女』
11.『紅葉』
12.『相剋/慟哭』
13.『蒼き独眼』
14.『紺碧の双刃』
15.『青天の三日月』
16.『桜花忍法帖』



通信販売 承ります。
お電話、メールにてお問い合わせ下さい。
TEL:03-5363-9778
メール:ds8@diskunion.co.jp
詳しくは、こちら



※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245716229B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245716207B29




ZONAL / WRECKED
GODFLESH/JESUのジャスティン・ブロードリックと、THE BUG/KING MIDAS SOUNDといったインダストリアル/ヒップホップ/ダブステップ系の活動で知られるエクスペリメンタル系ミュージシャン、ケヴィン・マーティンによるプロジェクト。把握出来ないほど多数のバンドで活動する2人ですが、90年代初頭よりインダストリアル・ヒップホップを提唱するTECHNO ANIMALをはじめGOD、ICEといったバンドで共に活動し、そのTECHNO ANIMALの発展形がこのZONAL。ペンシルベニアを拠点に活動する女性詩人/音楽家/活動家のムーア・マザー(カマイ・アイエワ)が参加しRelapseと契約した19年2ndアルバムが本作。00年に出した作品は限定200枚のCD-Rなので、この作品が本格出来なデビュー作と言えるかもしれません。無機質な重厚ビートとアシッド/スペーシーなグルーヴ、ヒップホップのアプローチによる、ダークサイドのダブ/インダス&エクスペリメンタルとも言えるな先鋭的なサウンドなんですが、これが強烈なカッコよさ!ドローンやダークアンビエントにも通じる低音が魅力のダウナー系でドゥーム耳にも響く音かと思います。とりあえず、SCORNや中期以降のULVER、ミニマル、クラウトロック系が好きな方は要チェック!日本盤リリースもDaymareならでは。(大塚)
 

●Crepuscle / Heavenly Skies (輸入盤CD 2,200円)


USシンフォニックメロディックデスCrepuscleの2ndフル”Heavenly Skies”!全編シンフォニックアレンジと泣きのメロディを伴って駆け抜ける、メロデスとしてはまさに理想的なスタイルで、疾走パートは超速です!メロディだけでなく、エクストリーム・メタル然としたアグレッションもしっかり堪能できるのも好印象です。ギタリストは結構な弾きたがりで、ソロはもちろん、キーボードの裏でもリフの合間でも隙あらばシュレッドを挟み込むスタイルは、メタル・ギタリストとしてのあるべき姿を体現していて、作品の大きな魅力にもなっています。ドラマティックに聴かせる曲展開も巧みで一曲一曲が印象深く、まさに捨て曲無しの傑作!Children of BodomやKalmah、Wintersun、Primalfrost、Aephanemer、Clown the Fallenなどの疾走タイプのシンフォニックなメロデスを好む方はとりあえず買って損はしないレベルの1枚!今年No.1メロデス筆頭と言えるでしょう!(石村)




TEITANBLOOD / THE BANEFUL CHOIR
ex-PROCLAMATIONのNSK(Vo,B,G)らによるスペインのWARデス/ブラック、約5年ぶりとなる19年3rdアルバム。SARCOFAGOやBLASPHEMY影響下のプリミティヴな音質と崩壊ノイズ的な演奏による、いわゆるベスチャル系WARブラックなサウンドですがこのバンドの場合、暗黒恐怖系のダークアンビエンスで不気味なSEを曲間に挟みつつ展開するアレンジが特徴。最初のアルバムから一貫してNorma Evangelium Diaboliからのリリースと言った経緯を見ても、カナダのREVENGEやCONQUEROR等とは異なる欧州暗黒の趣きがあるのかと思います。猛烈なブラストに呼応するかのような猛烈なリフ、ドスの効いたヴォーカルなどが渾然一体となり、ほとんど雪崩込むような音塊ではありますがそんな嵐の中でもソリッドさを見せる演奏もポイント。とは言え、極悪で邪悪なサウンドにつき聴き手を選びます。が、メチャクチャかっこいいです。必聴。(大塚)


NOVEMBERS DOOM / NEPHILIM GROVE
前身バンドのLaceration含めると89年結成というベテランのイリノイ出身ゴシック・ドゥーム/デス、The EndからProphecyへ移籍しての19年11thアルバム。初期のMY DYING BRIDEやANATHEMA/KATATONIAに通じる真正ゴシックを出発点とし、デスメタルのアグレッションを残しつつ耽美なゴシック・ドゥームで、70年代回帰する前のOPETHに近いプログレッシヴな感性も持ち合わせたスタイルへと進化しており、今作もその路線。USらしからぬ欧州耽美性が特徴です。ディープなグロウル&クリーンVo、美しくメランコリックな旋律、獰猛なヘヴィ・グルーヴなどダークサイドのドラマティックさで静と動の対比を描き、安定の完成度と言いますか見事な仕上がりです。繊細なアレンジや起伏あるダイナミズムなど、トータルバランスも非常に優れており、また無駄に疾走する事もなく円熟味を増した印象で、これは素晴らしいです!『Watershed』頃までのOPETHや耽美ゴシック・ドゥーム好きの方は要チェック。(大塚)


PROFANATICA / Rotting Incarnation of God
1990年結成、初期INCANTATIONのメンバーでHAVOHEJ(こちらも超重要バンド)でも活動するPaul Ledney(Ds,Vo)らによるUSカルト・ブラック、Hells HeadbangersからSeason of Mistへ移籍しての19年4thアルバム。後のバンドへの多大な影響とリスペクトを受ける初期USブラック重要バンド。背徳と冒涜に支配されたプリミティヴで暴力的な音塊・・やはり本物の禍々しさがハンパないです。ブラスト含め決して激速ではありませんが、1音1音に込めた負のパワーが恐ろしいほどの凄みを感じさせ、異常なほどにカッコいい事になってます。この次元の違う雰囲気は流石の一言に尽きると言うか単純に必聴でしかありません。しかし、アンダーグラウンドでは絶大な人気を誇っていたバンドがこのレーベルへ移籍するとは予想外、これで日本盤が出た日には大事件ですが・・・デスメタルもブラックも暗黒系が好きなら超必聴。(大塚)
ブログ内検索
SHOP DATA

〒160-0022
新宿区新宿3-28-4
新宿三峰ビル5F
TEL:03-5363-9778

営業時間:11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

当店や新宿地区各店の地図

ディスクユニオン新宿地区/提携駐車場のご案内

お店のホームページ


メールお問い合わせ

メルマガご登録


通信販売のご案内


diskunion新宿
ヘヴィメタル買取センター

買取専用フリーダイヤル
TEL:0120-708-702
(携帯電話の方は03-3356-5975)

新宿へヴィメタル買取センターのご案内

買取のメールお問い合わせ

<提携駐車場のご案内>
詳しくはこちら↓をクリック b7b373cd.gif


中古オンラインSHOP
 
中古商品を専用サイトでお買上げ頂けます!
メタルの品揃えも大充実!
twitter・Instagram
Instagram
↑twitter・Instagram始めました!!
最新情報をつぶやいていきます。フォローして下さい♪

他のハード・ロック/ヘヴィ・メタル専門店のブログ
★オーディオ取り扱い店BLOG
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Template by Crow's nest