新宿駅から徒歩3分!ハードロック/ヘヴィメタル専門店です!スラッシュ/デス/ブラック/ドゥーム・ストーナー/ポストメタル系/メタルコア/メロディアス・ハード/ジャパニーズメタル等々、CD/レコード/DVD/ブルーレイ/音楽書籍/アパレル/グッズ/前売りチケット/音楽酒などなど新品/中古とも充実の品揃え!店舗通販も承ります!買取もお任せください!メタル専門スタッフが1点1点丁寧に買取します!1枚からでも大歓迎!1,000枚、5,000枚、1万枚など大口買取もOK!訪問・宅配買取します!お気軽にご相談ください。 店舗での買取は、関東近郊ライヴついでに!店頭でのお支払いが早いです!現金にて即支払い!
ディスクユニオン新宿ヘヴィメタル館ストアブログ
NEWS
店舗受取サービスはじめました!


ディスクユニオン・メンバーズのご案内


【2019年10月1日(火)~】商品配送サービスの変更についてご案内


♪♪♪ 買取のご案内 ♪♪♪


メタル リリース1年以内CD高価買取リスト


Korpiklaani国内盤CD 買取保証キャンペーン!!


JUDAS PRIEST国内帯付レコード 買取保証キャンペーン!!


HEAVY METAL / HARD ROCKのLP帯付/国内ライナー付で500円買取保障キャンペーン開催!


【KING OF 鋼鉄クーポン】国内盤新品商品をお買い上げで10%還元!


METALレコード・ライフのすすめ


ディスクユニオン公式クリーナー


サンプル

サンプル



【お客様の声】

友だち追加数

★新譜高価買取★

♪自宅で中古ショッピング♪

フリーペーパーPINHEAD
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


DISASTROID / MORTAL FOOLS
サンフランシスコのストーナー/ジャンク・ロック。これまで4枚のアルバムを自主リリース、今回Heavy Psych Soundsと契約しての20年5thアルバムとなります。レーベル的にサイケデリックさを想像しますが、実際のところ初期SWANSやJESUS LIZARD、UNSANE、MELVINSといった個性派からSOUNDGARDENやHELMETなどの影響下にあるサウンドです。ヴォーカルこそ気だるげですが、ギターよりベースラインが強調された横殴りグルーヴによる殺伐とした雰囲気はUNSANEそのもの。時折現れる不協和音リフでもカオティックなムードを演出、無機質で退廃的ながら2000年代のストーナー的要素もあり、この辺りのクロスオーバー感は現在のバンドらしいところかと思います。とにかく、図太くブリブリでバッキバキのベースが耳にこびりついてクセになります!UNSANEやKEN MODEなどのジャンク~ノイズ・ロックが好きな方は要チェックでしょう。(大塚)


GYGAX / HIGH FANTASY
GYPSYHAWKやHUNTRESS、HOLY GRAIL人脈によるカリフォルニア4人組ハードロックによる19年3rdアルバム。泣きの哀愁さやツインリードなどTHIN LIZZY影響下にある温かみあるクラシックなハードロック・サウンドで、4曲目の出だしなどはモロに・・・です。妙な小細工などはなく、コンパクトにまとめられた楽曲でグイグイとテンポよく約27分のトータルランニングタイムを一気に聴かせます!言うほどTHIN LIZZYし過ぎている訳でもなく、マイナー臭もありますが愛のある作品に仕上がってます!(大塚)

INHUME ‎/ In For The Kill
94年結成のオランダ・ゴア・グラインド5人組が2003年にリリースした2ndアルバム!2000年代の隠れた名盤としてマニアに愛されてきた作品が、オリジナル盤と同じくOsmose Productionsから2020年再発!野獣のようなガテラル咆哮と絶叫によるツイン・ヴォーカルに、ゴーリーかつフックに富んだ低重心リフ、猛烈なブラストからグルーヴィなビートで激走!とにかく曲や展開、リフやヴォーカルなど全てめっちゃカッコイイ名盤!未聴のゴアグラインダー必聴!!!(大塚)


ASSASSIN / Bestia Immundis
83年結成、90年代前後は活動休止ながら02年以降は初期メンバーのユルゲン・ショルツ(G)中心に活動しているジャーマン・スラッシュ、Massacreへ移籍しての約4年ぶり6thアルバム。前作から、BONDED(元SODOM(G)(Ds)在籍)のヴォーカルにも抜擢されたインゴが加入、もはや名曲『Baka』のネタはもう古いとばかりに、重厚かつ洗練されたサウンド・プロダクションの激アグレッシヴなスラッシュと進化。で、今作では何と初期SODOM名作期を支えてきた現メンバーでもあるフランク・ブラックファイア(G)が加入!もともと勢いのあるバンドではありますが、猛烈な職人刻みリフと猛烈なスピードでのっけからエナジー大爆発!前回も爆発してましたが今回はさらに爆裂!!ほぼ緩まることなく全編なぎ倒し爆走で突っ走る強力な仕上がり!また、低音咆哮からドスの効いたスクリームまで強力なヴォーカルも大いに貢献しており、ASSASSINってこんなにカッコよかったっけ・・?と思えるほどオールド・ファンもビックリ・・・とにかくスラッシャーは必聴!(大塚)


Autumn Tears / The Air Below the Water
95~07年に活動、17年より活動再開したマサチューセッツ出身ネオクラシカル/ダークウェイヴ集団による20年7thアルバム。中心人物は初期デス再発でもお馴染みのDark Symphoniesを運営するTed Tringo。ヴァイオリンやヴィオラ、チェロ、フルート、ピアノ、トランペットなどの管弦楽団や、クラシック/オペラ歌手/作曲家までも参加、さらに複数のフィメール(Vo)をはじめMADDER MORTEMのAgnete M. Kirkevaag(Vo)など総勢40名以上が参加した超本格的なクラシカル・サウンドで、ARCANAやDARK SANCTUARYなどのダークウェイヴ系に比べ優雅な旋律が特徴。超美麗なフィメール・ソプラノ(Vo)と荘厳なオーケストレーションにより中世の世界観を見事に表現。どこまでも美しいサウンドはため息が出るほど優美でダークサイドなベクトルではありますが、もう別次元の神々しさ・・とてもUSとは思えないヨーロピアンで、ほぼクラシックな趣きの2枚組の大ヴォリュームですが、耽美系ゴシック好きな方はもちろん癒されたい方は要チェック!(大塚)


SVARTBY / BIG BOSS
04年結成、ロシアSoundage Productions所属の6人組ロシアン・フォークメタル、19年5thアルバム。民謡ファンにはお馴染みのリズミカルで陽気なフォーク・サウンドにゲコゲコなグロウル(Vo)が絡むサウンドは変わらずですが、今回はポルカ/タンゴ的?!と言うか中世の酒場で流れてそうなトラディショナルな要素が目立つようなアレンジが目立つ仕上がり。フォーク要素は満載ながら、メタリックなリフや2バスなドラミングなどメタルの重厚さもしっかりあり、FINNTROLL的なポルカ・サウンドにも近いんですが、こちらは多様な音楽的要素を導入した独創的な世界観が特徴。そして何と言っても耳を引くメロディと楽曲における構成力の高さもポイント!一見、イロモノに見られがちですが実力派折り紙つきで、とにかく聴いてて楽しい!民謡メタル好きは当然要チェック!(大塚)


ODIOUS MORTEM / Synesthesia
98年結成、サンフランシスコの4人組テクニカル・ブルータル・デスによる約13年ぶりとなる20年3rdアルバム!超絶強烈な2ndアルバムをリリースしたにも関わらず、ヴォーカル以外のメンバー3/4がDECREPIT BIRTHに加入してしまい、こっちはもう消滅したと思ってましたが、何と前作と同じメンバー+当時所属のWILLOWTIPからのリリースとなります!で、肝心の音も前作の延長にある知的な構築美と、荒れ狂うブルータリティが緻密にせめぎあう路線で、メロディアスな要素はあるもののDECREPIT BIRTHの3rdほどメロメロはしておらず、ブルデスのアグレッションをキープしたバランスのよい仕上がりです。KCハワードによる凄まじいドラミングであったり、流麗で構築性のあるシュレッティングなギターワークなど各パートのアンサンブルもまあズゴい・・・アートワークがオシャレな感じですが、内容はブチかましてますのでご安心を!テクニカル好きもブルデス好きも必聴!(大塚)


BONDED / REST IN VIOLENCE
元SODOMのBernemann(G)とMarkus Freiwald(Ds)が中心となり18年に結成されたジャーマン・スラッシュ、Century Mediaからデビューとなる20年1stアルバム。元SUICIDAL ANGELSのChris Tsitsis(G)、現ASSASSINのIngo Bajonczak(Vo)含めた5人編成。ジャギジャギな刻み、野太く咆哮するようなヴォーカルで爆走からダークでメロウな旋律のあるグルーヴまで、オールドスクールからモダンテイストをも内包したスタイル。サウンド・プロダクションも重厚かつ肉厚な、近年のSODOMやKREATORに近い感触ですが、⑤でブルースハープを入れてみたりラストにバラードをもってくる構成だったりと、新たな世界観を作り出そうとしている意気込みが感じられます。この新旧テイストのバランス加減と、若干ブラッケンドなムードが漂っている所がポイントで、スラッシュにとどまらない激音に仕上がってます。、激速チューンの③では、OVERKILLのBobby “Blitz” Ellsworth(Vo)がゲスト参加。やっぱりこの人の声ってスゴイ存在感・・一瞬で空気が変わります。(大塚)


ACID MAMMOTH / Under Acid Hoof
2015年結成のギリシャ4人組ドゥーム、前作は自主リリースですが今回Heavy Psych Soundsと契約しての20年2ndアルバムです。FBではBLACK SABBATHへの敬愛が溢れていると言うか相当影響を受けたような感じですが、サウンドは完全に初期ELECTRIC WIZARDなアシッドでヘヴィスモークなスタイルです。気怠いヴォーカルに、ブリブリのEVIL引きずり反復リフワーク、重圧的なグルーヴを徹底した遅重サウンドで、それ以上でもそれ以下でもないですが酩酊ドゥームで溺れたい方は要チェックな仕上がりです!(大塚)


Strigoi / Abandon All Faith
PARADISE LOSTのメインコンポーザーの1人グレガー・マッキントッシュ(G)による新プロジェクトの19年1stアルバム。2010年以降のEXTREME NOISE TERRORに在籍したクリス・カスケット(B)とゲストでPARADISE LOST/元VALLENFYREのワルテリ・ヴァイリネン(Ds)が参加してます。18年に解散したグレガーのサイドプロジェクトVALLENFYREは、初期SWEデスを出発点としつつアルバムごとにハードコア/クラストに接近していった事が方向性の違いだったようで、いわば本隊バンドで出来ない激音の追及がこのバンドの存在のようです。退廃的でノイジーなイントロで幕を上げ、初期デスやブラックの血をD-BEAT爆走とブラストで突進しつつドーム・デスでも落とすスタイル。このザラついたアグレッションと闇落ち退廃感に支配されたサウンドからは、CELTIC FROSTやTRIPTYKONがデス/ハードコア化、もしくはDISFEARがドゥーム・デス化したかのような腐臭漂いつつも威厳が感じられ、初期デスやドゥーム・デス、オールドスクール・デスが好きな方は要チェックな作品に仕上がってます。(大塚)


WARSENAL / Feast Your Eyes
2012年結成のカナダ・スラッシュ・トリオ、Punishment 18(ITA)からSvart(FIN)へ移籍しての19年2ndアルバム。これは強力!!!RAZORに通じるスピーディーに爆走しまくるスラッシュ/スピードメタル的なスタイルで、とにかくリフのバリエーションが豊富でしかもカッチョイイ!!さらに、VOIVODや初期MEGADETH、CORONERなどのテクニカル&メカニカルな要素というかアレンジが冴えており一気に聴き抜ける爆裂強力盤!!!スラッシャー要チェックです!(大塚)


RAMROD / JET BLACK
マルティナ(Vo)とマルコ(G)によるピカロ兄弟によって2013年に結成されたピアノ/オルガン奏者含むイタリアの5人組、地元レーベルBlack Widowと契約しての19年2ndアルバム。一言で言うとブルースハードですが、シタール(に聴こえます)や笛を導入したサイケデリックでプログレ/フォーキッシュな楽曲からアコースティックでメロウなナンバー、ブルージーなオルガンハードまで実に多彩でカラフルな楽曲が並びます。また、可憐で憂いのある歌唱が映える⑦や、ソウルフルでこぶしを利かせつつ表現力豊かに歌い上げるマルティナの歌唱も魅力的なポイント。ギターも泣いてて染みます・・ 元PURSONのロザリー・カニングハムのソロ作も素晴らしかったですが、こちらも負けず劣らずの内容で、今後も要注目!(大塚)


KNASTERBART / PERLEN VOR DIE SAUE
2012年結成、ヴァイオリンやマンドリン、フルート奏者含む7人組ドイツ・フォークロック、オーストリアのNapalm Recordsと契約しての19年4thアルバム。いわゆる70年代フォークロック系譜やネオフォーク系とも異なり、アイリッシュ・パンクやブルーグラス/カントリー、アコースティック・スウィング、ジプシー・ジャズなどに親和性を感じるような躍動感あふれるサウンドが特徴。中世の酒場で演奏されてそうな陽気で哀愁漂うメロディと皆が口ずさめるようポピュラリティ溢れるサウンドは、とにかく陽気に踊りたくなるような展開が魅力!ヴァイオリンやマンドリンなどを加えたバンド演奏に、ダミ声ながらどこか憎めない母国語のヴォーカルとシンガロングなコーラスも絡みつつ哀愁たっぷり心温まる作品に仕上がってます。見た目はコメディチックでふざけたルックスですが、音的にかなりクセになる1枚!とりあえず、コルピクラーニに代表される酒メタル森メタルが好きな方は要チェック!(大塚)







HAVOHEJ / TABLE OF UNCREATION
初期INCANTATIONのメンバーで、PROFANATICAのPaul Ledney(Vo,Ds)によって93年に始動したNYカルト・ブラック、約10年ぶりとなる19年3rdアルバム。PROFANATICAと同じくしてアンダーグラウンド最重要バンド、名曲『Weeping in Heaven』でも有名な背徳バンド。初期とは異なり、轟音地鳴りのようなノイズ・アンビエントを導入した漆黒サウンドに怨念ヴォーカルが乗る・・実に恐怖でしかないプリミティブでRAWなスタイル。ブラストでの速い展開もありますが基本はスローミドルなスタイル、そしてこのテンポダウンしたパートこそ恐怖感が余計強く出ており、この不穏なアンビエント・ノイズによる闇の浸食とドゥーム/スラッジ系と明らかに異なる畏怖のスロウネスこそがポイントと言えます。③から④に入る所なんかゾゾゾ・・・そしてエコーでこだまするドラムの1音1音もまた怖い・・奈落の底でうごめくサタニック・サウンドに完全降伏・・・これは凄いです。(大塚)


Hanging Garden / Into That Good Night
ENTWINEのMika Tauriainen(Vo)が在籍するShamRainのギタリストMikko Kolariを中心に2004年に結成された、フィンランドのメランコリック・ゴシック・ドゥーム、初期はSpikefarmに所属してましたが現在はLifeforceで6枚目のアルバム('19)。フィンランド特融のメランコリックで悲哀感漂うメロディをゆったりとした時間軸でじっくり展開、ディープなグロウルやクリーンVoを交え重厚なヘヴィネスと耽美で繊細なパートが交錯するサウンドで、泣ける哀愁のギターが心に染み、リリカルで美麗なピアノの旋律に涙する・・ 曲によってはフィメール・ソプラノ(Vo)も導入され華を添えたアレンジが冴えます。アトモスフィアでポスト的な雰囲気も漂わせてますが、しっかりとメタリックな重さやアグレッションも失われてなく、このバランス感覚がアルバム完成度に一役買ってます。とりあえず、SWALLOW THE SUNやKATATONIA周辺が好きな耽美派の方は要チェック!(大塚)
ブログ内検索
SHOP DATA

〒160-0022
新宿区新宿3-28-4
新宿三峰ビル5F
TEL:03-5363-9778

営業時間:11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

当店や新宿地区各店の地図

ディスクユニオン新宿地区/提携駐車場のご案内

お店のホームページ


メールお問い合わせ

メルマガご登録


通信販売のご案内


diskunion新宿
ヘヴィメタル買取センター

買取専用フリーダイヤル
TEL:0120-708-702
(携帯電話の方は03-3356-5975)

新宿へヴィメタル買取センターのご案内

買取のメールお問い合わせ

<提携駐車場のご案内>
詳しくはこちら↓をクリック b7b373cd.gif


中古オンラインSHOP
 
中古商品を専用サイトでお買上げ頂けます!
メタルの品揃えも大充実!
twitter・Instagram
Instagram
↑twitter・Instagram始めました!!
最新情報をつぶやいていきます。フォローして下さい♪

他のハード・ロック/ヘヴィ・メタル専門店のブログ
★オーディオ取り扱い店BLOG
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2
11 15
16 22
24 25 26 27 28 29

Template by Crow's nest